あまい誘惑

空賊が手にした宝

 

ヴェインの体が消え、アーシェたちはバハムートの甲板に残された。

勝ったのだ。

アーシェの胸の中に感慨がわく。

その表情は、穏やかで、美しかった。

そしてバッシュが、そんなアーシェを見守っていた。

しかし、上空では、未だ解放軍と帝国が戦火を交えていた。

まだ、安堵なんかしてられない。

アーシェは、ダルマスカを守るための最期の使命に燃え、きっと顔を上げた。

 

シュトラールに戻り、バルフレアがエンジンをかけようとした。

反応がない。

計器を調べているフランに

「どうだ、飛べそうか?」

と訪ねた。

「・・・・グロセアエンジンに燃料がいってないわ」

バルフレアは、クソッと言いながら席を立った。

「ヴァン!代わってくれ。エンジンルームを見て来る」

ヴァンは、OK、と言って操縦席に着いた。

「フラン!来い」

バルフレアがフランとともにコックピットを出ようとした時、シュトラールを爆発の衝撃が襲った。

「・・・見て!バハムートのグロセアリングが止まる・・・」

アーシェが絶望的な表情で言った。

このままだと、バハムートはラバナスタ市街地に激突する・・・・

「ヴァン。シュトラールのグロセアリングが回転し始めたらすぐに発進だ。教えた通りにやれ!お前なら飛べる!」

「・・・わかった」

ヴァンはバルフレアに答えた。

フランはパンネロを副操縦席に座らせると、落ち着いた口調で言った。

「パンネロ。バハムートの飛空石の干渉に気をつけて。あなたがシュトラールの感情をコントロールするのよ」

「うん、やってみるよ」

バルフレアとフランは頼もしそうに2人を見届け、コックピットを出て行った。

 

戦いに破れ、傷だらけになったガブラスは、シュトラールのキャビンに設けた簡易ベッドで横になっていた。

その様子をバッシュとラーサーが見守っていた。

「・・・・バッシュ。ラーサー様を頼む。今、ソリドールが滅びれば、帝国は崩壊し、戦渦は内戦へと広がろう」

「わかっている」

バッシュは弟を安心させるように、何の迷いも見せず、力強く答えた。

「ラーサー様は最後の希望だ」

ラーサーは、ガブラスの手を握った。

 

シュトラールのグロアリングエンジンが回転を始めた。

どうやらバルフレアたちは、うまく修理してくれたようだ。

「出力が戻った!ヴァン、いける!」

嬉しそうにパンネロが言った。

「よし、行くぞ!みんな、つかまって」

ヴァンは、レバーを引き、シュトラールを発進させた。

間もなく修理を終えたバルフレアとフランが、コックピットに戻って来る。

誰もがそう、信じていた。

 

帝国軍と戦火を交えていた解放軍の艦隊が、シュトラールの脱出を確認していた。

オンドールの元に、その報告が入っていた。

「・・・そうか、出て来たか!」

オンドールは思わず立ち上がった。

「バハムートは墜ちた!これが最後の戦いだ。一気にジャッジどもを全滅させるぞ!

主砲をアレキサンダーへ向けろ!」

オンドールがそう言って、指揮をとろうとした直後、通信機からガブラスの声が聞こえてきた。

もちろん、喋っているのはガブラスではない。変声機を持ったバッシュだった。

「攻撃を停止せよ!私はジャッジマスター・ガブラス。

繰り返す!アルケイディア軍全艦に告ぐ! 攻撃を停止せよ!戦いはもう終わりだ!

我が国はダルマスカ王国のアーシェ・バナルガン・ダルマスカ王女と ・・・・停戦を合意した!」

ラーサーはバッシュが持っていた通信機を引き継ぎ、マイクに向かって喋りだした。

「我が名はラーサー・ファルナス・ソリドール。

兄ヴェインは名誉の戦死をされた。 以後、艦隊は我が指揮下となる!」

ラーサーの言葉を聞き、オンドールは戦争をやめるべきかどうか、悩んでいた。

「私はアーシェ・ダルマスカです」

今度はアーシェがラーサーから通信機を引き継いだ。

「アーシェ様!ご無事であったか!」

アーシェの声を聞き、オンドールは安堵の声を出した。

「ジャッジマスター・ガブラス、そしてラーサー・ソリドールの話は本当です。

お願いです。戦闘をやめてください!戦いは終りました。 私たちはもう・・・・自由です」

そう言って、アーシェは感極まって泣き出してしまった。

アーシェの涙を見て、一行は感動していた。

 

ようやく戦火はおさまった。

戦闘機はなくなり、ダルマスカの空は静寂を戻したかのように見えた。

しかし・・・・

「見て、バハムートが!」

パンネロが外を指した。

爆発を起こしながら、バハムートがラバナスタへ落下していく。

そのとき、オンドールの通信機に、帝国の艦隊アレキサンダーから入電があった。

ザルガバースだった。

「アルケイディア軍ダルマスカ方面第12艦隊、旗艦アレキサンダー、艦長ジャッジ・ザルガバースだ。

我々はこれより、ラバナスタへのバハムート落下を阻止すべく・・・バハムートへの特攻を敢行する」

思わず我が耳を疑ったオンドールは

「何!?」

と聞き返してしまっていた。

「このままでは魔法障壁が持たない。そうなればダルマスカは全滅する。

貴艦隊は、衝突によってバラバラになった アレキサンダーの破片を更に攻撃してくれ・・・・」

ザルガバースにとって、ブルオミシェイスで都民を虐殺してしまった事への償いだった。

彼は今、己の身を犠牲にして、人々を救おうとしていたのだ。

「はいはい、命を粗末にするのは流行らないよ」

そのとき、全艦にバルフレアの声が響き渡った。

直感的に、バルフレアがシュトラールに乗っていない事に気づき、アーシェの顔色が青ざめていった。

「バルフレア!?」

ヴァンが言った。

彼も、バルフレアがシュトラールのエンジンルームにいるとばかり思っていたのだ。

「バルフレア、一体、どこにいるんだ」

 

バルフレアとフランはバハムートの要塞内でグロセアリングを修理していた。

バハムートは崩壊寸前。

彼らの後ろで小爆発が起きている。

「よう、ヴァン。うまく脱出できたみたいだな。シュトラールはいい飛空挺だろ?」

「何をするつもりだ、バルフレア?」

バルフレアの通信機にオンドールの声が聞こえた。

「おっさん。アレキサンダーのばかジャッジを止めてくれる?俺が一生懸命グロセアリングを修理してるんだ。

もうちょいだから、特攻なんて馬鹿な真似すんなってね」

その声はアーシェにも聞こえていた。

通信機を通して、バハムートの爆発音も聞こえている。

大きな爆音がして、思わずバルフレアが、ウワッと声を上げた。

アーシェはたまらず、通信機を手にとった。

「あなた・・・あなた、一体何をしているかわかっているの?」

そんなことを言いたいのではなかった。

ラスラを失い、父を失い、国を失い、そしてバルフレアに会った。

ラスラの幻影を追っていたはずなのに、自分はバルフレアに引かれていた。

ああ、なぜ、気づかなかったのだろう。

引かれていたのだ。どうしようもないほど。

復讐とか、破魔石とか、過去とかが邪魔をして、今の今まで気づく事が出来なかった。

バルフレアがいたから、自分はここまで来れたのだ。

バルフレアが、自分を過去から救ってくれた。

なぜ、こんな時になるまで気づかなかったのだろう!!

そう言いたいのに、アーシェは言葉に詰まってしまった。

「・・・王女様、心配ご無用だ。オレを誰だと思っている? この物語の主人公だぜ」

バルフレアも、また、アーシェの気持ちに気づき、受け止めてきた。

そうだ、もう、随分前からだ。

多分、ビュエルバで、王女を盗んだときからだろう。

その時のことを思いだし、バルフレアは幸せな気持ちになった。

最初は死ぬつもりだった。

父シドの罪を償うつもりだった。

でも、アーシェをこれ以上、悲しませない。

オレは死なない。

今、オレは手にした。

王女の結婚指輪に代わる、最高の宝物を。

だから生きて、必ず・・・・

「主人公は・・・・死なない・・・・のさ」

そう言って、バルフレアはグロセアリングを再起動させた。

バハムートが高度を上げた。 バルフレアは思わずガッツポーズした。

「やったぜ!フラン、グロセアリングに動力を回せ」

そうして背後から大きな爆音が聞こえ、ハッとしてフランのいる方を振り返った。

爆風で飛んで来た建物の破片の下敷きになってフランが倒れていた。

「・・・・世話のかかるヤツだ」

そう呟いて、フランの元へ駆け寄った。

通信機から、泣き出しそうなアーシェの声が聞こえていた。

「・・・おねがい、バルフレア。 早く、バハムートを脱出して・・・・お願いだから・・・」

そして、抑えていた感情がこみ上げて来た。

「あなたが死んだら・・・・あなたが死んだら、私は・・・・」

アーシェの思いを胸にし、バルフレアはフランを救出していた。

フランはからかうようにバルフレアを見つめた。

「二枚目は大変ね、バルフレア」

「ばーーーか」

そう言って、バルフレアはフランを抱き上げ、脱出できそうな艦隊を探しながら、通信機に叫んだ。

「ヴァン、シュトラールを預けたぞ。必ず取りに戻るからな。傷つけたら承知しないぜ!」

ヴァンは、シュトラールを操縦しながら、アーシェが握っている通信機に向かって叫んだ。

「うん、わかった!オレ、待ってるよ!」

シュトラールは、バハムートからどんどん離れていった。

バハムートも、夕日に沈むラバナスタからどんどん離れていった。

アーシェは遠のいて行くバハムートに向かって、叫んだ。

「バルフレア・・・・!」

もう、通信機からは、何の返事もなかった。

 

▲PageTop