あまい誘惑

盗まれた王女の心

リヴァイアサンを脱出するも、アーシェの中に、このままでは 帝国に逆らい続けられるのも時間

の問題だと、確信が芽生えはじめていた。

しかし、所詮、王位を失った自分に、今、出来ることは、現実問題、何もなかった。

自分の無力さに悲痛の表情をするアーシェの心がバッシュにはよくわかっていた。

リヴァイアサン潜入の件、ウォースラの件について、バッシュはオンドール公爵が 本当に反帝国

であることを見抜いていた。

今、アーシェの力になれるのは、彼しかいないと思った。

オンドールを頼るようにアーシェにアドバイスしたが、 アーシェにとっても、ウォースラがそう

であったように、 表向きには帝国寄りな彼を頼ることには大きな懸念があったのだ。

そんなアーシェにウォースラが、自分の、それまでのオンドールへの不信感を改めるように言った。

「自分も、オンドール公爵を頼ることについては賛成です。これまで距離を置いてきましたが、

もっと早く公爵を頼っていれば・・・・自分が愚かでした」

長い間、オンドールを否定していたウォースラの姿を見てきただけに、アーシェにとって その言動は、

何よりも説得力があった。

そして、ウォースラは、アーシェの心が決まったことを確認すると

「殿下、自分に時間を下さい。我々の力だけでは国を取り戻せません」

そう言って、別の線から状況を好転させたい、と、アーシェのもとから離れる決意を表した。 不安そうな顔をする

アーシェを安心させるように

「・・・・自分が戻るまでは、バッシュが護衛をつとめます。まだ彼を疑っておいででしょうが国を思う志は、

自分と変わりません」

ウォースラはそう言って、自分がバッシュを信頼している胸の内をアーシェに伝えた。

忠実な家臣としてこの2年間、ずっとアーシェを守り続けてきたウォースラの言動は アーシェにとっては何よりも

真実性が高かった。 彼女はまだ戸惑いながらも、ウォースラが自分のもとを去ることを認めた。

「殿下を頼む。オンドール公爵のもとで待っていてくれ」

ウォースラはバッシュに向かって言った。

バッシュは静かに頷いた。

 

アーシェにとって、ダルマスカと友好関係にあったオンドール公爵家は 子供の頃からのなじみだった。

とくにハルム・オンドールには、随分と甘えた記憶がある。

しかし、彼女にとって、今は、そんな子供の頃の記憶にすがる余裕もなかった。

アーシェは久しぶりに会ったオンドールの前で 国王暗殺の夜に何があったのか、その真実を語りはじめた。

「・・・・あの調印式の夜、父の死を知ったウォースラは、ラバナスタに戻って私を脱出させました。

ヴェインの手が伸びる前に、あなたに保護を求めようと・・・・・」

「ところが当の私はあなたの自殺を発表・・・・・帝国に屈したように見えたでしょうな」

オンドールは苦笑まじりにそう言って、アーシェから視線を外した。

「あの発表はヴェインの提案でした。当時は向こうの意図を掴めぬままやむなく受け入れましたが・・・」

オンドールはそこまで言うと、さらに皮肉っぽい笑みを浮かべ、 バッシュの死亡説同様、全て、

ヴェインが自分を脅すための策略でしかなかったことを静かに語った。

「でも、それも終わりです!私に力を貸して下さい!ともにヴェインを!!」

懇願するようにアーシェが叫ぶ。

オンドールはそんなアーシェを愛おしむように優しい表情をふと見せた。

「抱っこをせがんだ小さなアーシェは、もういないのだな・・・・殿下は大人になられた」

そう言って、もう二度と、その表情を彼が見せることはなかった。

オンドールは、元の、聡明で、そして少し厳しい顔に戻り、しっかりとアーシェを見つめて続けた。

「仮にヴェインを倒せたとしても、その後は?王国を再興しようにも、王家の証『黄昏の破片』は 奪われました。

あれがなければ、王位継承者として認められないでしょう」

オンドールの言葉にウソはなかった。

まったく、その通りだ。

アーシェは無力に打ちひしがれた。

「王家の証を持たない殿下に、今できることは何ひとつございません。

しかるべき時まで、ビュエルバで保護します」

「そんな、できません!」

「では、今の殿下に何ができると?」

いきり立つアーシェをなだめるような口調でオンドールが答えた。

アーシェは最後の望みも絶たれ、肩をおとして部屋を出て行った。

ヴァンは、そんなアーシェが、このまま黙って引き下がるのかと、少し心配になってその後の彼女の行動を、

気にかけた。

 

夜も更け、ビュエルバの街は静まり返っていた。

オンドール公爵邸で、今まで食べたこともないようなごちそうと 気持ちのよいベッドを当てがえられたヴァンだっ

たが 、ずっと、元気のないアーシェのことが気になった。

彼は、きつくて冷たいアーシェが苦手だったが 、その裏に隠された刺すような悲しい表情が忘れられないのだ。

ヴァンが兄、レックスを亡くしたとき、刺すような痛みが自分の心を覆ったことを思い出さずにはいられなかった。

ヴァンは,アーシェに同じ痛みを感じた。

そういう感覚が、彼の予感を鋭くしていたのかもしれない。

何故かとても胸騒ぎがして、ヴァンは、発着ポートに停泊しているシュトラールを見に行った。

 

やはり、コックピットに灯りがついていた。

ヴァンは、すぐに、そこにアーシェがいると直感が走った。

「何やってんだよ。これ、バルフレアの船だぞ」

操縦席について、あれこれスイッチを操作していたアーシェに向かってヴァンが言った。

アーシェは振り返りもせず、冷たい声で答えた。

「暁の断片をとりに行くの。もうひとつの王家の証。在処は知ってるから。 船は、後で返すわ」

「なんだよ、ソレ」

ヴァンは本当に腹が立っていた。

「私はやらなきゃいけないのよ!死んでいった者たちのためにも。 なのに隠れていろなんて!

ひとりで戦う覚悟はあるわ!」

「ひとりって・・・・バッシュは?だいたい他人の船を勝手に! 王女のくせになんだよ、お前!」

腹が立ちまくって、ヴァンは聞き分けのない子供に向かって言うような口調になった。

「お前はやめて!」

しかし、アーシェも苛立っていた。 ヴァンの言うことなど、聞く気もない様子だ。

「それぐらいになさい、殿下」

不意に、後ろからオンドールの声が聞こえた。 ギクリとしてアーシェとヴァンは後ろを振り返った。

操縦席の入口に、変声機も片手に持ったバルフレアが立っていた。

アーシェは、そこに立っていたのがオンドールではなかったので少し安堵したが 、子供のようないたずらをする

バルフレアに呆れもしていた。

しかしバルフレアは、真顔になって続けた。

「公爵に引き渡す」

「待って下さい!」

「その方があんたのためだ」

空回りをしているだけのアーシェにとっては、それが最善の方法だとバルフレアは確信していた。

だいたい、王女なんだし、守られていれば心配することはないだろう、と彼は考えていたのだ。

「・・・・では・・・・」

アーシェはそんなバルフレアに向かって、きっと顔を上げた。

「では、誘拐して下さい!あなた、空賊なんでしょう?!」

バルフレアは心底驚いて、アーシェの方を振り返った。

アーシェの表情は真剣だった。

「盗んで下さい。私を、ここから」

なんて言葉を、なんて時に言う女だろう。

バルフレアは、その言葉自体よりも、 そういう言葉を大胆に言ってのけるアーシェに興味を抱いた。

かつて、そんな言葉を自分に投げかける女はいなかった。

自分を盗めだと?

盗むほどの価値のある女なのか?

そして、この女は、オレを逃避行の相手に選ぶ、というのか?

まったく、そんなきわどい言葉を、どういうつもりで言っているんだ、この女は・・・・

ほんとに、王女のくせに、つくづくあきれた女だ・・・・

「オレに何の得がある?」

思わずバルフレアから出た言葉だった。

「覇王の財宝。暁の断片があるのは、レイスウォール王の墓所なんです」

バルフレアは口笛を吹いた。

「あのレイスウォールか?」

「そして君にかかる賞金も跳ね上がる。何しろ王族の誘拐となれば重罪だ」

いつのまにそこにいたのか、バッシュがバルフレアに向かってそう言った。

彼もアーシェが心配だったのだろう。

「煽った家来も同罪だろうな」

アーシェを誘拐しろと、そそのかすバッシュに向かって、バルフレアは皮肉っぽく答えた。

バッシュは、アーシェにレイスウォールに同行する胸を伝えた。

フランもそこに現れた。

彼女はバルフレアが行くなら、自分も行くのだ。

「ヴァンたちはどうするの?」

「行くよ。行くって。こんなところに置いていくなよ」

フランの言葉にヴァンはムキになって答えた。

「じゃあ、私も行く!」

突然、現れたパンネロにヴァンは驚いた。

パンネロはヴァンにすがるようにして続けた。

「ひとりは、もう、いや」

ヴァンは、そんなパンネロの気持ちを理解した。

「・・・・わかったよ」

フランは、6人が無事に勢揃いしたのを見届けると 動じもせず、余裕たっぷりに言った。

「決まりね。公爵に気づかれる前に発ちましょう。 ・・・・・誘拐犯らしくね」

そうしてバルフレアとともに、操縦席についた。