あまい誘惑

フランの心

 

ブルオミシェイスは思ったよりも遠かった。

歩いている途中に入り込んだゴルモア大森林には、道の途中途中に結界が張られていて彼らの侵入を拒んでいいた。

ヴァンはその結界を手で触れたり、体当たりしてみたりして

「なんだ、これ~!?」

と苛立って言った。 その様子を見ていたフランは、慌てもせず、静かな声で答えた。

「ゴルモアの森が拒んでいるのよ」

「・・・・私たちを?」

アーシェが思わずそう言ったので、フランは苦笑を浮かべながら

「・・・・私を、かしらね」

「なんだそれーーー?ってか、どーすんだよ~、アレ~!!!」

自分がどうする事も出来ないヴァンは、答えを急かすようにフランに尋ねた。

しかしフランは、うるさいほどまとわりつくヴァンを無視しながら、まるで道を知っているかのように、彼らが知ら

ない小路を進んでいった。そんなフランを追うようにバルフレアは

「寄ってくんだな」

と尋ねた。

「・・・・ええ」

「過去は捨てたんじゃないのか?」

バルフレアの言葉にフランは、まだフランにまとわりついて来るヴァンを見つめながら答えた。

「他に方法がないから・・・・あなたのためでもあるのよ」

フランはそう言って、バルフレアを見透かすように、彼のヘーゼルグリーンの瞳を覗き込んだ。

「・・・・焦っているでしょう?破魔石がそうさせているの?」

バルフレアは言葉を失った。

フランは容赦なく、そんなバルフレアに対し、意地悪く言葉を続けた。

「・・・・あなた、意外と顔に出るのよ」

バルフレアは少年のように顔を赤くした。

しかし、それに気づいているのはフランだけだった。

フランは表情も変えず、再びまとわりついてきたヴァンをちらりと見つめた。

「つまり、どういうこと?」

ヴァンが問いかけた時、フランは既に精神を集中させていた。

そして指で中に何かの印を描いた。

「・・・・こういうことよ」

フランが印を切り終わると、彼らの前に、緑色に光る道が現れた。

ヴァンは心底驚いて、目を白黒させてフランと、緑色の道を見比べた。

「この森に暮らすヴィエラの力を借りるわ」

フランは緑色の道に足を進めた。

後ろからその様子を見つけていたパンネロは、ヴィエラ、という言葉を聞いて敏感に反応した。

「もしかして、ここってフランの・・・・?」

「・・・・今の私は招かれざる客よ」

そう言ってフランは静かに森のさらに奥へ消えていった。

エルトの里・・・・普通、ヴィエラはこの外界から完全に隔離された里で一生を過ごす。里には女性しかおらず、

ひどく静かで、怖いくらい美しい場所だった。

里の入口でフランは立ち止まり、先を急ぐヴァンを引き止めて言った。

「この先の里にミュリンという子がいるわ。呼んで来て」

そうして自分が里の中までは同行しない意志を伝えた。

ヴァンは不思議そうな顔をしたが、フランが同行しない事には何か理由があるのだろう。しかし彼はあまり細かい事

にこだわる性格ではなかったので、素直に彼女の言葉を聞き入れると、里の奥へ入っていった。

 

ヴァンは、ヒュムの侵入を奇怪な目で見るヴィエラ、無関心を装うヴィエラ、ヒュムを軽蔑するような口調のヴィエ

ラに対しても遠慮なく話しかけ、ミュリンの居場所を聞いて尋ねた。

中には、この里の閉鎖的な雰囲気に反感を持っているヴィエラもいて、彼女たちがこっそり村のいろいろな地理を教

えてくれた事もあり、ヴァンたちは、里のかなり奥の方まで足を進める事が出来た。

最後に辿り着いたところは、どうやら里長のいる建物の前のようだった。

風格のある美しいヴィエラが、何事かと言うような顔でヴァンたちの姿を見つめていた。

ヴァンがそのヴィエラに向かって「ミュリン」の事を尋ねようと思ったそのとき、里の入口で止まっていたはずのフ

ランが彼らの前に現れた。

「・・・・森の声が聞こえたの。この里にミュリンはいないわ。ヨーテ、あの子はどこ?」

フランの言葉に、ヨーテと言われたそのヴィエラは特に表情を変える事もなく、冷たい口調で答えた。

「なぜたずねる。あれの行方を告げる森の声・・・・ヴィエラなら聞き取れるはずだが」

ヨーテの厳しい口調の前で、フランは言葉を失ってうつむいてしまった。

そんなフランを見た事がなかったので、ヴァンは内心、驚いていた。

「聞こえんのか。鈍ったものだ。ヒュムと交わった報いだな」

ヨーテは軽蔑するようにフランを見下した。

「森を捨てたヴィエラは、もはやヴィエラではない・・・・森を去ったミュリンもな」

「・・・・だから見捨てようってのか」

信頼するフランが軽蔑されるのが耐えられなかったバルフレアは思わずヨーテに反論するように言った。

ヨーテはバルフレアの問いかけに思慮深い様子でしばし考え、言葉を選ぶようにして答えた。

「里の総意だ。ヴィエラは森とともにあらねばならん。それが森の声であり、われらの掟だ」

「じゃあ!」

たまらずヴァンが口をはさんだ。

「じゃあ、そっちは掟を守ってろよ。こっちが勝手に助けるんなら、文句はないだろ」

ヨーテはヴァンの言葉に特に動じるふうではなかった。

静かに目を閉じて、足下から舞い上がるような風の流れに身を任せる様子だった。

そして、心地よい低い声で静かに答えた。

「・・・・ミュリンは森を去って西へ向かい・・・・クロガネをまとうヒュムどものアナグラをさまよっている

・・・・それが、森の囁きだ」

そうして彼女はその場を去ろうとした。 そんな彼女の足を止めるようにしてフランが言った。

「・・・・ヴィエラが森の一部だとしても、森はヴィエラのすべてではないわ」

ヨーテは、後ろを振り返りもせず、しかし、どこか、フランに対する愛しさとも、厳しさとも判断しかねぬような低

くて、心地よい声で答えた。

「その言葉、50年前も聞いたな」

 

何はともあれミュリンの居場所を聞き出したヴァンに向かってバルフレアは頼もしそうに言った。

「やるじゃないか。あんなのから情報を引き出すとはね」

バルフレアの賛辞に対し、当のヴァンは何やら先ほどから気になって仕方がないことがある様子で、ずっと何かを考

えていた。

「・・・・さて、ヒュムの穴とか言っていたな」

バルフレアの言葉に対し、ラーサーがすぐに言葉を返してきた。

「バンクール地方のヘネ魔石鉱でしょう。オズモーネ平原の南ですね。あの一帯は、我が国の植民地なんです・・・

軍もいるでしょう」

ラーサーは親切心で答えたつもりだった。

しかしバルフレアは何やらムッとした口調で

「それがどうした?」

と冷たく言った。

「行くぞ」

「・・・・あのさ」

と、バルフレアが先頭で里を出ようとしたそのとき、先ほどから何か解せない事がある表情をしていたヴァンが、

思い立ったように彼らの足を止めた。

「さっきほら、ヨーテが言ってたろ、その、50年前がどうとかって」

ただならぬ表情でフランが振り返って

「・・・・それで?」

と尋ねた。

「・・・フランって、何歳?」

フランは、率直で無邪気なヴァンの質問に、答える事もなく、無表情で先を急いだ。

そんなヴァンに対し、仲間たちは呆れて言葉もでない様子だった。

みんながヴァンの無神経さを非難したが、当のヴァンは、まだ解せない様子で考え込んでいた。

そして、仲間がすっかり誰もいなくなった里に、1人取り残されてしまった。