あまい誘惑

オンドール公爵

オンドール公爵邸に入り込むために、ヴァンたちはいろいろと作戦を練っていた。

今現在のオンドールは、バルフレアの推測が正しければ、いずれオンドールを脅迫するであろう帝国の攻撃に備え、

反帝国組織に金を流している。 そして、魔石鉱の所有権を帝国から守るためには、断じてビュエルバの領主である

ことを守らなければならなかった。

おそらく帝国は、オンドールを潰しにかかりたいに決まっているが、今のところ、帝国寄りの顔をすることで 帝国

との友好を保ってきている。

反帝国組織はそれを承知でオンドールの影で帝国を攻めるべく準備をしていた。

機が熟した時のために。彼らにとって、最も恐れていることは、オンドールの立場が揺らぐことだった。

 

オンドールはバッシュの処刑を公表した当の本人だ。

バッシュ自身、そんなウソを流されてまでも自分が処刑されないでいた理由を 長期の拘束・監禁の末、

知り尽くしていた。

全てが、帝国の陰謀なのだ。

ヴェインははなから、オンドールと友好を結ぶ気などなかった。

彼が欲しいものは、ビュエルバだ。

ビュエルバを手にするためには、オンドールは邪魔なのだ。

だから、バッシュを処刑せず、その生存を切り札にする方が オンドールの立場を揺るがすことが出来る。

バッシュには今、オンドールと反帝国組織に自分の生存を仄めかすことがどういう意味になるのか

よくわかっていた。

自分が生きていることがわかれば、反帝国組織は慌てて動き出すだろう。

オンドールを守るために・・・・

 

「じゃあ、オレが町中に言いふらしてやるよ」

お調子者のヴァンが得意そうな顔をして、大声で言った。

「オレがダルマスカのバッシュ・フォン・ローゼンバーグだ!!!」

唖然としてヴァンに注目する通行人たち。

「どうだ?」

さらに得意そうになってヴァンが鼻の下をかいた。

「まぁ、目立つのはたしかだな」

苦笑まじりにバルフレアが答えた。

「よし、ヴァン。お嬢ちゃんを助けるためにもやるだけやってこい!」

バルフレアに後押しされて、ヴァンは大ボラを吹きにビュエルバの中心街にくり出した。

 

ヴァンの作戦はまんざらではなかった。

ヴァンがホラを吹けば街行く人が、興味深そうに彼に注目した。

ヴァンは調子づいて、どんどん行動がエスカレートしていった。 そして面白がって、ほら吹きを

していたとき、突然、背後から、腕を掴まれた。

ヴァンは、しめた、と思った。

彼は、彼の思惑通り、怪しい集団に、酒場の奥まった部屋へと連行された。

 

「連れてきたぞ、ハバーロ。こいつが”将軍”だとよ」

ヴァンを連行した男が、バハーロと言う男にヴァンをつきだした。

バハーロはヴァンを見て、ふふん、と鼻を鳴らした。

「似ても似つかんな」

ハバーロの言葉に、その男は「タチの悪いいたずらしやがって!」と、ヴァンが本物のバッシュではなかったことを

悔しがっていた。

しかしバハーロは用心深く続けた。

「ただのイタズラならいいが、そこらのガキがローゼンバーグ将軍の名乗るとは思えん。最近、帝国がかぎ回っているから油断は出来ん」

そう言って、ヴァンを締め上げて背後関係を吐かせろ、と手下に命令した。

「帝国がかぎ回ってる?あんたらの組織と公爵の関係をかい?」

いつの間にそこにいたのか、バルフレアが戸口に立っていた。

「・・・酒場の奥がアジトとは、また、古典的だねぇ」

「なんだ、てめえら!」

ヴァンを押さえていた1人がバルフレアに言った。 しかし、冷静に状況を見ていたバハーロは、男を制した。

「待て・・・」

そして、バルフレアの後ろから現れたバッシュに気づき、表情が凍りついた。

「あんた・・・・本当に生きていたのか・・・・!」

一同、騒然となった。

「このことを、公爵が知ったら・・・・」

「さて、何と言うかな。直接会って、聞いてみたい」

バハーロの懸念を解消するようにバッシュは即答した。

バハーロも馬鹿ではないので、物事の重大さを充分承知していた。 側に立っていた、オンドール公爵の側近に意見

を促した。

「どうすんですかい、旦那」

「致し方あるまいな」

側近はそう言って、バッシュに、公爵邸に足を運ぶようにと指示をした。

どうやら、作戦は大成功したようだ。

バッシュはある覚悟を決めていた。

敏感なバルフレアは、まだ、確信はしていなかったが バッシュのその覚悟を察していた。

ただ、どう言った形でバッシュがそれをやり遂げようとするのかは見当がつかなかった。

いずれにしても、バッシュが危ない橋を渡ろうとしたらバルフレアは止めるつもりでいたのだ。

そんなバルフレアの心配も、バッシュの思惑も、ヴァンは知る術もなかった。

とにかく彼は、パンネロを助けたかった。

 

オンドールは、非常に聡明そうな外観をしていた。

しかしその聡明さが、信用できるものなのかどうかはわからない。

バッシュは、その真意を掴もうと、用心深くオンドールの表情を見つめていた。

「バッシュ・フォン・ローゼンバーグ卿。私は貴公が処刑されたと発表した立場なのだが?」

静かな声でオンドールが口を開いた。

「だからこそ、生かされておりました」

その言葉の意味が、オンドールにはよくわかっていた。

「つまり、貴公は私の弱みか」

そう言って、苦笑した。

しかしバッシュはグズグズはせず、すぐに、ずっと思案してきた「自分の覚悟」を 実行に移したのだった。

「反乱軍を率いる者が帝国の手に落ちました」

そう言って、さらに深くオンドールの表情を読もうとして言った。

「・・・・アマリアと言う女性です。救出のため、閣下のお力を」

「・・・・貴公ほどの男が救出に乗り出すとは・・・よほどの要人か」

バッシュは、うやうやしく丁重に胸に手をおき、オンドールに懇願の意を示した。

「・・・立場と言うものがあるのでな」

オンドールはバッシュを居直らせ、穏やかな口調で答えた。

ヴァンにはバッシュが何を企てているのか見当もつかなかったが、 どうやらオンドールはバッシュの頼みに

協力しないつもりでいるようだ。 ならば・・・

「ラーサーに会わせてくれ!オレの友達が一緒なんだ」

と、とっさにラーサーを引き合いに出してみた。 しかしオンドールは、ラーサーはすでに帝国軍に合流し、

今夜到着予定の戦艦リヴァイアサンに乗って ラバナスタに向かうことを告げた。

それを前提にして、さらに頭を下げ続けるバッシュを試すように言葉を続けた。

「ローゼンバーグ将軍。貴公は死中に活を見出す勇将であったと聞く。あえて、敵陣に飛び込めば・・・・ ・・・

貴公は本懐を遂げるはずだ」

バッシュは、ハッと顔を上げた。

後ろで話を聞いていたバルフレアも、オンドールの意向を理解して、

バッシュを止めようと彼らの間に割り込もうとした。

しかし、もう、遅かった。

バッシュの覚悟は、決まっていたのだ。

「・・・・悪いな、巻き込むぞ」

そう言って、彼は剣を抜いた。

半ば演技がかった態度でオンドールが叫ぶ。

「侵入者をとらえよ!」

彼の一言で、側近たちがヴァンたちを捕まえた。 それを見届けたオンドールは

「ジャッジ・ギースに引き渡せ」

そう言った形で、バッシュの願いを聞き入れたことに気づかなかったのはヴァン1人だけだった。