あまい誘惑

絶海の塔

 

ケルン王から契約の剣入手後、ヴァンの提案で一行はバーフォンハイムのレダス邸を訪れた。

しかし、リドルアナ大瀑布の付近で水上船が遭難、という事態にレダス邸は騒然としていた。

「・・・どうやら遭難の原因は強烈なミストの干渉だ。

あの海域はヤクトだが、飛空挺どころか水上船までいかれるとはな」

レダスは困り果てた表情をしていたが、冴えない顔のアーシェに目をやり

「・・・ギルヴェガンでの話を聞こうか。その顔だと当てが外れたようだな。やはり、シドの言葉は嘘か」

「ええ。けれど真実も知りました。それに、彼が何をめざしているかも」

アーシェはそう言って、ケルン王から伝えられた事をレダスに話しはじめた。

 

「・・・神授の破魔石が切れ端にすぎんだと?不滅のオキューリアだか知らんが、厄介なものを」

絶望のため息をつくレダスに向かって、フランがアーシェの言葉に補足した。

「けれど『覇王の剣』で『天陽の繭』を砕けば、もう、新しい石はでてこないわ。

繭が全ての破魔石の力の根源だというなら・・・

壊せば『黄昏の破片』も無力になるかもしれない。 人造破魔石には効果がないかもしれないでしょうけど」

フランはこう言いたかった。

オキューリアが人間に力を授けたその歴史に干渉するための手段は、現在のところ、天陽の繭から破魔石を切り取る

事のみ。繭を砕けば、新しい破魔石を得る方法は完全に失われる。

また、破魔石は天陽の繭から切り離された状態にありながらも繭の影響を受けている。

破魔石のミストは自然界から随時補充されるものの、その力を制御するためのエネルギーは繭から転送されているも

ので、 繭が破壊されれば石も使いものにならなくなる、というのが彼女の持論だった。

フランの言葉に対し、バルフレアはアーシェを試すような言葉を言った。

「もうひとつ道がある。『契約の剣』で新しい石を切り出して、黄昏の破片や人造破魔石に対抗さ」

「また石を使おうって奴がいたら、オレが許さんよ。あんなもの、捨てるに限る」

「どっちにしろ、まず『天陽の繭』を見つけろってことだろ。

場所は絶海の塔・・・だったよな。 なんか知らないか、レダス」

レダスの言葉に、ヴァンがようやく本題に入った。

「坊主、いい質問だ。ドラクロアで見つけたシドの研究資料に、それらしい記述があった。

『ナルドア海』『リドルアナ大瀑布』そして『大灯台』・・・・

そのために船団を送ったが・・・・遭難した」

無念そうにレダスが言った。

「話がつながったようだな。ナルドア海の『大灯台』こそ『絶海の塔』。 船の機関を狂わせた強力なミストは、天

陽の繭の存在を示す・・・何よりの証拠だ」

「そいつはけっこう」

バッシュの言葉にバルフレアがもの申した。

「だが、どうやって行く?あの海域はヤクトだ」

「おまえの飛空挺に組み込んでみろ。ヤクト対応型の飛空石らしい」

レダスはそう言って、ひねくれもののバルフレアに飛空石を投げ渡した。

バルフレアは素直になれず、なおも反抗的な態度をとった。

「これもドラクロアの戦利品かい?自分で使ったらどうだ」

「オレの飛空挺はビュエルバ産でな、規格が合わん。

シュトラールに合えばヤクトを飛べるはずだ」

バルフレアは6年前、ドラクロア研究所にいた頃、シュトラールを譲り受けた。シュトラールは、帝国軍が採用を見

送った試作軍用機。帝国の兵器会社が開発したものなので、帝国製の飛空石に対応している。

レダスはそのことを知っていたのだ。

彼はバルフレアに飛空石を渡した後、側で心配そうに立っているアーシェに向き直った。

「アーシェ王女、オレも同行させてもらう。かまわんな?」

アーシェは、はい、と頷き

「ただ、ひとつ教えて下さい。あなたは、なぜそこまで?」

「死都ナブディス」

レダスはきっぱりと答えた。

「故郷・・・・ですか?」

「ああ、忘れられん場所ではあるな」

アーシェの言葉に、レダスは少し表情に影を落とした。

 

モーグリのノノにより、シュトラールに飛空石が組み込まれた。

ノノは、修理完了した事を告げ、シュトラールはいつでもヤクトを飛べるようになった。

 

リドルアナ大灯台は、ナルドア海の小島にそびえ立っていた。

100階建てのこの塔は、上空から見ても、壮大だった。

地上に降り立って見上げ、改めて、その巨大さに圧倒された。

アーシェは、いよいよ自分の気持ちを決めなければならなかったのに まだ迷って、浮かない表情をしていた。

「絶海の塔とはよく言ったものね。頂上に鋭いミストを感じるわ」

塔を見上げながらフランが言った。

「眠っているのね、天陽の繭が」

「アーシェ王女。まだ迷っているようだが、繭にたどりつくまでに答えを出してくれ」

レダスは、そんなアーシェを真剣に見つめた。

「もしも私が、破魔石を手に入れる復讐の道を選んだら・・・・?」

「後悔するのはあんただ」

アーシェの言葉に、レダスは厳しい口調で答えた。

そうして、灯台に向かいだしたアーシェ達の後ろ姿を見届けたバルフレアは 、側にいたヴァンに向かって言った。

「おい、ヴァン。オレに万一のことがあったら、お前がシュトラールを飛ばせよ」

「万一って、なんだよ」

ヴァンが不安そうに訪ねた。

バルフレアは、自分がこの塔で父、シドと戦う事になる事を予測していた。

シドがリドルアナ大灯台を調査していた事を知ったからだ。

おそらくシドも、天陽の繭の存在を確かめに、灯台へ潜入しているだろう。

決戦のとき、何がおこるかわからない。

計り知れない力を秘めた天陽の繭が目覚めたとき、何がおこるのかが。

バルフレアは、そうならぬためにも父親と戦う事を覚悟していた。

そして、父親によって自分の命が絶たれる事も。

「いろいろあるのさ、オレは主人公だからな」

バルフレアはそう言って、さらに心配そうな顔をするヴァンを 頼もしく見つめた。

「あとで、操縦法も教えてやるよ」

ヴァンにとっては、その言葉はとても嬉しかったが、 寂しそうな顔をするバルフレアがとても心配になっていた。

 

大灯台の入口に、大きな扉があった。 その扉の脇に何かの碑文が刻まれていた。

「なぁ、フラン、何か書いてあるぞ?」

ヴァンが、不思議そうに刻まれた碑文を指でなぞった。

「・・・だれかが刻み付けたのね。かなり古いわ」

フランはそう答え、碑文を読みはじめた。

「神々の剣を授かりし後世の探求者へ・・・・

これなる天に等しき高みの塔 三つのしもべを率いる守護者 汝の魂をむさぼり喰わんとす力なき者は力を望むなか

れ おのが目に惑わされるなかれ 幻を断ち真の道へ至れ

・・・・レイスウォール 記す」

「覇王がここに?!」

「驚くほどの事かしら?」

驚くアーシェに向かって、フランは当然のように答えた。

「往古、覇王はオキューリアから剣を授かり、この地で破魔石を手に入れたのよ。 いつか他の誰かがオキューリア

に選ばれ、ここを訪れると考えたのでしょうね。幻を断ち真の道へ至れ・・・・ 謎めいた言葉だけれど、覇王の血

を引くあなたなら、理解できるのではなくて?」

そうしてフランは、立ち尽くすアーシェを後にして、建物の中に入っていってしまった。

 

それから一行は、塔の最上階100階を目指すべく、長い長い道のりを、ある時は天道器や転移装置を使い、ある時は

徒歩で またある時は、罠を解きながら、上階に進んでいった。

頂上に近づくほど、そのミストの濃さに息が上がった。

フランが一番辛そうだったが、精一杯の力を振り絞ってついて来ていた。

「・・・ミストが響いているわ」

フランが息を切らしながら言った。

「いよいよ天陽の繭か・・・・」

バッシュが言った。

パンネロは、ヴァンとともに、先頭を切って歩いて行くアーシェの後ろ姿を見つめていた。

「復讐・・・するのかな。新しい破魔石で」

パンネロはヴァンに目を移した。

「気持ちはわかるんだ。あの戦争で大事な人たちを亡くした気持ち」

「同じだもんな、オレたちも」

ヴァンは、アーシェを見つめたままパンネロに答えた。

「でもね、亡くなった人たちの心は、もう動かないんだよ。何があっても、何をしても。 ・・・・

目を閉じて思い浮かべる幻みたいに・・・・ずっとずっと変わらないまま」

「ああ、変わらん」

後ろでパンネロの話を聞いていたレダスが割り込んで来た。

「どれほど長い時がすぎようと、振り返る過去の幻影は、いつまでも生々しい。過去は、そうやって人を縛る」

彼は、遥か続く階段の先を見つめながら、

「幻を断ち、真の道へ至れ・・・・か」

と、碑文の言葉を思いだしていた。

 

▲PageTop