あまい誘惑

ウォースラの裏切り

 

帝国に「黄昏の破片」を奪い取られ、王位を証明するものが何もなくなったアーシェにとって

「暁の断片」を入手できた事は、ダルマスカの未来にとっても喜ばしい事だった。

これだけは、何があっても奪われてはならない。

アーシェは、暁の断片を大切に懐にしまった。

そうして、アーシェがそう思ったのもつかの間、 一行がレイスウォール王墓の外に出ると、物々しい飛空挺のエン

ジンの音が空に轟いていた。

アーシェは驚いて空を見上げた。

帝国の戦艦リヴァイアサンが、まるで彼らを待ち構えていたように空を覆っていたのだ。

シュトラールは、ヤクト・エンサの入口に置き去りにされていて、 無防備な彼らが、帝国の襲撃に抵抗する術もな

かった。あっという間に帝国兵に取り押さえられ、 彼らは再びリヴァイアサンに連行された。

 

なぜ、帝国が自分たちの行動を知っていたのだろう。

アーシェは疑念と屈辱で倒れそうになっていた。

そんな彼女を待っていたのは、ジャッジ・ギースだった。

「再びお目通りが叶って光栄ですな、殿下」

相変わらず見下したような態度で丁寧な言葉を言うギースに腹を立てながら、アーシェは吐き捨てるように言った。

「本題に入りなさい」

「破魔石を引き渡して頂きたい」

アーシェは驚いて、思わずギースを見つめた。

パンネロは、ギースが、ラーサーが自分に渡した人造破魔石を返せと言っているのかと思い、

人造破魔石を背後に隠した。

目ざとくそれを見ていたギーズは、パンネロを嘲笑するかのように言葉を続けた。

「そのような模造品ではない。我々が求めているのは・・・」

そう言って、視線をウォースラに向けた。

「覇王レイスウォールの遺産である『神授の破魔石』だ。まだ、話していなかったのかね。 アズラス将軍」

アーシェは、まだ状況がわからずに、今まで信じて疑った事など一度もなかったウォースラを見つめた。

「殿下『暁の断片』を。あれが破魔石です」

ウォースラの答えに、アーシェは立っているのが精一杯になった。

アーシェの気持ちを代弁するかのようにバッシュが最初に口を開いた。

「なぜだ、ウォースラ!!!」

「帝国は戦って勝てる相手ではない!ダルマスカを救いたければ現実を見ろ!」

バッシュとウォースラのやりとりに満足そうな笑みを浮かべ、ギースが割って入ってきた。

「アズラス将軍は、賢明な取引を選んだのですよ。 我が国は「暁の断片」と引き換えに、アーシェ殿下の即位と、

ダルマスカの復活を認めます」

そうして、笑いが止まらない、という様子で、倒れそうになっているアーシェに言った。

「いかがです?たかが石ひとつで、滅びた国がよみがえるのです」

「で、あんたの飼い主が面倒を見て下さるわけだ」

アーシェが、立っているのが精一杯なのを知って、バルフレア風の気遣いで、皮肉たっぷりそうにいってみせた。

「あんたの飼い主」とは、ヴェインの事だ。

「アーシェの即位とダルマスカの復活」というギースの約束は、アーシェがヴェインに「飼われる」事態になりかね

ないと、バルフレアなりのアーシェへの警告だった。 そして同時にギースがヴェインの飼い犬にすぎないと言う、

ギースへの皮肉でもあった。

図星を突かれたギースは、カッとなってバルフレアに剣を突きつけた。

「彼をダルマスカの民とお考えなさい。殿下が迷えば迷うほど、民が犠牲になる」

そう言って、突きつけた剣を、さらにバルフレアののど元に近づけていった。

「彼が、最初のひとりだ」

バルフレアは、ギースの鋭い剣の刃をのど元に感じながら、精一杯アーシェを気づかった。

オレなんかどうなってもいい。だから、石を渡すな、彼はそう言いたかった。

しかし、アーシェの気持ちは、もう決まっていたのだ。

バルフレアが殺される確率よりも、生き伸びる確率を選びたかった。

彼は自分を裏切らない。 最初にそう思った直感を信じた。

例え、破魔石を奪われても、彼と一緒なら、奪い返す事が出来る。

なぜ、そんな事を思えるのか、若いアーシェには、自分の心が理解する事が出来なかった。

しかし、危機的な状況が、彼女の本心を素直にさせたのかもしれない。

アーシェは、黙ってギースに「暁の断片」を渡した。

「アーシェ!」 ヴァンが悲痛な声でアーシェを止めたが、もう、遅かった。

バルフレアは、あんなにも王位にこだわっていたアーシェの素直さに驚いていた。

オレのためなのか?

オレが殺されないために、この王女は、石を敵に捧げると言うのか?!

「王家の証が、神授の破魔石であったとは・・・・。ドクター・シドが血眼になるわけですな」

ドクター・シド。

その言葉に、バルフレアが敏感に反応した。

「今、なんつった?」

冷静に構えていたバルフレアの顔色がみるみると変わっていった。

ギースは、そんなバルフレアに興味も示さず、ウォースラに向かって命令した。

「アズラス将軍、ご一行をシヴァへ。数日でラバナスタへの帰還許可が下りる」

アーシェたちは、裏切り者のウォースラによってシヴァへ連行された。

その姿を見届けると、ギースは満足そうに手の中にある「暁の断片」を見つめた。そして何かを思いついたように側

にいる研究員に向かって言った。

「すぐに魔力を測定しろ」

研究員はヴェインが「暁の断片には手を出すな」と彼らに命令していた事を思いだし、怪訝そうな顔をして答えた。

「本国に帰るまで、手を付けるなとのご命令では?」

ギースは、この石ころが本当に本物の破魔石であるのか知りたかった。

そして、もし、そうなら、ヴェインを出し抜いて、自分が彼を支配する事も可能かもしれないと秘かな野望を抱いて

いたのであった。

「あらかじめ、真麌を確かめておかんでどうする?」

ギースの野望を止める事が出来る者はここには誰もいなかった。

 

アーシェ達を軽巡洋艦シヴァへ連行する道筋でウォースラは 今までの事を詫びるような口調でアーシェに言った。

「ラバナスタに戻ったら、市民に殿下の健在を公表しましょう」

ウォースラは、ウォースラでダルマスカの未来を思い、決断した帝国との駆け引きだった。

しかし、彼もギースの約束が口約束であってはならない、と懸念していた。

帝国との駆け引きを実らせるためにも、アーシェの生存をラバナスタの市民に知らせたほうがよい、と判断していた

のだ。

「・・・あとは自分が帝国との交渉を進めます。ラーサーの線を利用できると思います。彼は話がわかるようです、

信じてみましょう」

先ほどから一言も口をきかなかったアーシェだが、ウォースラの言葉に半ば呆れるようにして、口を開いた。

「・・・今さら、誰を信じろと言うの?」

ウォースラはアーシェから目を背けた。

「・・・・ダルマスカのためです」

 

こうしてアーシェたちがシヴァに到着する頃、リヴァイアサンでは「暁の断片」の魔力の測定が始まっていた。

研究員たちは、リヴァイアサンに搭載している測定器の能力が測定に耐えられるものかどうか、その危険性について

等々、ギースに説明しようとしていた。しかし、欲に目のくらんだギースには、もう、何も見えてなかった。

研究員は仕方なく、破魔石を測定器の中に入れた。

リヴァイアサンの動力が、どんどん測定に流れていった。

「6700、6800、6900、7000!間違いがありません、神授の破魔石です!限界が見えません!」

興奮して研究員が言った。

「これが神授の破魔石・・・まさに神々の力だ。手にしたものは第2の覇王か?ヴェインでなくても構わんわけだ」

彼はそれが自分である事を確信した。 本気でこの破魔石を自分の物にしようとしていたのだ。

そのとき・・・・

突然、リヴァイアサンに警告音が鳴り響いた。

研究員は、反応係数が異常に増えている事に危惧を抱いた。

「な、なんだ、これは・・・!」

「どうした?」

ギースも、鳴り響く警告音にようやく我に戻り、研究員に理由を問いただそうとした。

 

暁の断片が、測定器に入れられてから、フランの様子がおかしかった。

普段から、ミストの異変には敏感な彼女だった。 異質な動力を流し込まれた暁の断片の異変を敏感に感じ取っていたのだ。そして、暁の断片の魔力が人口の動力に拒否反応をおこして、リヴァイアサンに警告音を轟かしていた頃、

フランの精神状態も限界に達していた。

「あ、熱い。ミストが・・・・熱い!」

そう言って、彼女は超人的な力とともに手かせを破壊して、 突然、側にいた帝国兵を投げ飛ばした。

ウォースラはその様子に驚いて

「な、取り押さえろ!」

と 恐れおののく兵士たちに命令したが、フランはなおも側にいた兵士を、計り知れない怪力で攻撃し続けた。

「どうしちゃったの?」

唖然としてパンネロが呟いた。

「束縛されるのが嫌いなタイプでね」

バルフレアはそう言いながら、自力で手かせのカギを外し、アーシェに向かって言った。

「あんたは、どうだい?」

「彼女と同じ。脱出しましょう!」

バルフレアはアーシェの手を引いて、脱出できそうな飛空挺を探しに向かおうとした。

しかし、彼らの前にウォースラが立ちはだかった。

「やらせるか!空賊ごときに、ダルマスカの未来を盗まれてたまるか!」

ウォースラの、バルフレアに対する嫉妬、憎しみが爆発していた。

彼は、アーシェの心がバルフレアに盗られてしまった事が許せなかった。

そんなウォースラの前にバッシュが進み出た。

そして、信頼しあう2人の邪魔をするなと言わんばかりにウォースラの介入を阻んだ。

「なぜだ、バッシュ。お前なら現実が見えるだろうが」

かつて供にダルマスカ兵として戦ってきた仲間であるバッシュの事をウォースラはよく知っていた。 ウォースラは

現実的であったので、この2年間、反帝国活動をしてきた事に限界を感じていたし、 今、自分がどうする事が一番

正しいのかよくわかっているつもりだった。

しかし、それはある意味で帝国に反する事への「挫折」でもあった。

彼は、現実をよく見つめていた。

これからは帝国に支えて生きるのだ。

それが兵士としての、最も賢明な選択なのだ。

ともに戦ってきたバッシュになら理解できると、彼は思っていた。

「だからこそ、あがくのだ」

そんなウォースラの心を察するようにバッシュが答えた。

バッシュは、牢獄で長い監禁生活を強制されながらも 帝国に屈する事はなかった。

彼は、過酷な精神状態にあっても、機会があれば帝国に反撃する事を諦めはしなかった。

そして、バルフレアに出会い、ヴァンに出会い、再び、国王に使え、ダルマスカ復興を夢見ている。

バッシュは、自分の信念を疑わなかった。

ウォースラと違い、彼はどんな状況におかれても、一度も、帝国の力を恐れなかったのだ。

それが彼とウォースラの決定的な違いだった。

ウォースラとバッシュは、剣を構えて、戦いはじめた。

 

ダルマスカ兵だった頃、バッシュに勝てる者は誰もいなかった。

名将と言われ、誰からも尊敬、憧れられていたバッシュ。

ウォースラはそんなバッシュが羨ましかったのかもしれない。

剣を交わしても勝てる事はない事はわかっていた。

もうこれ以上は戦えない。

ウォースラは観念して、バッシュの前で膝をついた。

 

バルフレアとともに、艦載艇を奪い取ったアーシェは うなだれるウォースラに気づき、悲しそうにその背中を見つ

めた。

「俺は、俺は祖国のためを・・・」

言い訳をするようにウォースラが息絶え絶えに言った。

「わかっている。お前は国を思っただけだ」

「ふん。功を焦ったのも事実さ。焦りすぎたのか、お前が戻るのが遅すぎたのか・・・・」

ウォースラは言葉を続けながら、彼を見守っているアーシェに目を向けた。

「俺はもうお任えできん。殿下を頼む」

バッシュは静かに頷いた。

そして、何かの衝撃で激しく揺れているシヴァを後にした。

 

リヴァイアサンの測定器に入れられた暁の断片は、測定に寄って奪われた魔力を 取り戻そうと、予想外の反応を示

していた。

すでに大爆発寸前。

リヴァイアサンの出力が、急激に低下を始めていた。

「なにが起きたと言うのだ!」

ギースも完全に動揺していた。

「破魔石です!戦艦の動力を吸収しています」

冷静さを失った研究員が、いろいろなスイッチを何度も作動させようとしていた。

「止めろ!早く止めんか!」

側にいた帝国兵が、声を震わせながら言った。

「やっています!ですが・・・」

研究員は、リヴァイアサンの爆発までそう時間がかからない事を察知していた。

しかし、艦内はパニック状態で、もう、誰1人として冷静な判断が出来るものはいなかった。

 

激しい閃光とともに、巨大な戦艦が次々と大爆発を起こしていった。

アーシェたちは、奪った艦載艇で、命からがら、爆発の衝撃をくぐっていった。

「おい、冗談じゃねえぞ」

さすがのバルフレアも、衝撃に舵を取られ、ギリギリの状態で船を操縦している。

ようやく、少し冷静になったフランも、まだ苦しそうだった。

「ミストよ。ミストが実体化してる!」

「ありかよ、そんなの!?」

戦艦群は最期の大爆発をおこした。

しかし、すでにその区域からは脱出していた船は、なんとか衝撃に巻き込まれずにすんだ。

先ほどから、怯えながら爆発の様子を見守っていたパンネロが、 船の残骸の中にきらきらと光るものを見つけた。

「見て!」

空に、暁の断片が浮かび上がっていた。

「暁の断片!?」

アーシェが心をときめかした。

「拾っていくだろ?」

あの石と引き替えに自分の命を守ってくれたアーシェのためだ。

バルフレアには、ちょっとの危険も、怖くはなかった。

艦載艇は、暁の断片を回収するために、大きく旋回した。