あまい誘惑

空中要塞バハムート

 

レダス亡き後のバーフォンハイムは、今までと変わらず、静かな表情をしていた。

エアターミナルにシュトラールを停め、ヴァンたちが港町を歩いていると、レダスの部下、リッキーがヴァンに駆け

寄って来た。

レダス邸に客が来ているので会ってほしいと言う。

客人とは、一体誰なのだろう、と、リッキーに導かれて一行はレダス邸に入った。

「アルシド?」

思わずヴァンが言った。

相変わらず、気障な振る舞いで、机の上に大きく足を投げ出したアルシドの姿が一行の視界に飛び込んで来た。

アルシドはサングラスをかけたまま、立ち上がって彼らを歓迎した。

「上がらせてもらってますよ。いささか急を要する状況ってことで」

「なんでオレたちの居場所が?」

ヴァンが目を白黒させながら訪ねた。

「うちの情報部はきわめて優秀でして」

アルシドはそう答え、アーシェの側に歩み寄った。

「姫・・・・戦争が始まります」

「・・・ロザリア軍を、止められなかったのですか?」

アーシェは息をのんだ。

「少々汚い手を使って、強硬派の将軍連中に引退願うまではうまくいったんですがね・・・

大本営の参謀ども、裏から手を回していたんですよ。 オンドール公爵の解放軍です」

「解放軍が!?」

アーシェの表情に絶望がよぎる。

「解放艦隊の一部が、訓練中に命令を無視して離脱・・・。旧ナブラディア空域で帝国軍と交戦状態に入りました」

「なぜ、わざわざ見つかるような真似を!」

バッシュが苛立って言った。

「そいつらロザリアからの舞台だったんですよ。義勇部隊だか、傭兵って建前で、解放軍に加わってたが・・・・

正体は大本営直属のロザリア正規軍ときた」

少し前からオンドール候の解放軍には、義勇部隊と称してロザリア軍が参加していた。 戦力をわけ与えれば解放軍

がアルケイディア軍に宣戦するだろうから、そうなったら両方の戦力が減るのを待ち、 解放軍が公に支援を求めて

来たところで堂々と参戦・・・というのが、ロザリア帝国の計画だったのだ。 だが、オンドール候は交渉狙いで動

かないため、ロザリア帝国は解放軍にもぐりこませていた自国の軍を動かし 開戦の口火を切ったとアルシドは言い

「・・・解放軍は見捨てるわけにもいかず、オンドール公爵閣下は、やむなく主力艦隊に出撃を命じました。

・・・・・・戦場はダルマスカです」

アーシェの絶望がますます大きくなった。

そんなアーシェを気にしながら、バルフレアが訪ねた。

「解放軍と帝国軍の戦いが泥沼化したら・・・ダルマスカ保護を口実にロザリアも参戦だな?」

「そう、おいしいところをかすめ取るつもりでノコノコ出てったラザリア軍は・・・・

解放軍ともどもヴェインに叩き潰されますな」

「・・・・ヴェインは『黄昏の破片』を失ったはずだ。切り札はないはずだ」

我が身を犠牲にし天陽の繭の砕いたレダスを思い、バッシュが冷静に言った。

「・・・別の切り札があったんですよ。うちの情報部が大物の稼働を確認しましてね」

アルシドはそう答えて、改めてアーシェに向き直った。

「空中要塞、バハムート。リドルアナの方向で異常なミストの反応があった直後のおめざめってわけで」

彼の言葉を聞き、フランが直感的な推測を述べはじめた。

「『天陽の繭』の暴走であふれたミストが、バハムートの動力になったんだわ。 レダスが繭を止めていなければ、

数千倍のミストを吸収していたはず・・・・」

バハムートは、従来の戦艦とちがって人造破魔石を搭載している。この石は天陽の繭の膨大なミストを取り入れてる

上、 「魔力を周囲から取り込む」という破魔石特有の性質を持つため、バハムートは恐るべき力を半永久的に使用

可能となっていた。

フランの推測は当たっていたのだ。

そう言った後、フランはバルフレアを見つめ、言葉を足した。

「・・・・それが、ドクター・シドの計画だったのね」

「あいつの最後の仕事ってか・・・ オレの仕事は、その後始末だな」

バルフレアは、このとき、自分の死を覚悟していた。 父親シドの罪を、自分が償う。

そのために、バルフレアは、バハムートを破壊するのは自分の使命だと思っていた。

しかし、この時のアーシェには、その言葉の意味に気づけなかった。

「ヴェイン、自らバハムートからダルマスカへ?」

「来ますよ、ダルマスカへ」

アルシドの答えを聞き、アーシェは意を決するように閉じていた目を見開いた。

「・・・・バハムートを止めて、ダルマスカを守る。それが私の・・・・」

「オレたちの仕事だ!」

ヴァンが元気よく言い、アーシェは言葉を失った。

「私たちの街を守りましょう!」

続いてパンネロが言い、アーシェの手を握った。

アーシェは感慨深く、微笑んだ。

今まで苦労を共にして来た、仲間への強い絆が、心の中に芽生えているのを感じた。

もう、1人ではない。

そう思えたアーシェの表情が、仲間にはとても美しく、輝いて見えた。

そんなアーシェに見惚れながら、アルシドが言葉を続けた。

「だったら、出来るだけロザリア軍の侵攻を遅らせるのが私の仕事ですかね。 まぁ、やってみましょう」

そう言って、立ち去ろうとしたが、ああ、と思いだしたようにアーシェの元へ戻ってきた。

そして、彼女の前に跪き、戦いで荒れ果てた王女の手を、大切そうに握った。

その情熱的な振る舞いに、アーシェに変わりパンネロが顔を赤らめ、バルフレアが、面白くなさそうな顔をした。

「・・・面倒が片付いたら、一度ロザリアへおいでください。我がマルガラス家発祥の地・・・

夕日にきらめく”琥珀の谷”をご案内しましょう」

そう言って、アルシドはアーシェの前を去った。

まんざらでもなさそうなアーシェの表情に、バルフレアはますます面白くなさそうだった。

 

アーシェの懸念をよそにラバナスタの上空では、ヴェインの乗艦する、バハムートを中心とした帝国艦隊が、 とら

えた解放軍隊を始末しようとしていた。

バハムートのコントロールルームで、ヴェインはシドの死因について、ヴェーネスから報告を受けているところだっ

た。

シドが実の息子バルフレアによって命を絶たれた事など、ヴェインにとってはなんら、珍しい事ではなかった。 そ

れは、自分が父グラミスに死を迫った過去への自嘲的な感慨が含まれていたからだ。 ヴェインは情の欠片もない冷

たい表情で解放軍に狙いを定めるよう、帝国兵たちに指示を出した。

「目標、反乱軍重巡!」

ヴェインの側で指揮をとるジャッジが言った。 帝国兵達が次々に指標を定める。

「発射緒元、解析完了。照準よし」

「制御弁解放、破魔石臨海!」

「主機および補機、問題なし!」

「おやめください!彼らは降伏したんです!」

軟禁され、自由を奪われ、発言すら無視されて来たラーサーが、いたたまれなくなってコントロールルームへ入って

来た。

「シドへのせめてもの手向けだ。あの世からも見えるだろう。なぁ、ヴェーネス」

ヴェインはそう言うと、指揮官に向かって合図した。

「主砲射撃準備完了!」

「兄上!」

ラーサーの言葉も空しく、ヴェインが「撃て」と声を出すと、解放軍の艦艇はバハムートの砲撃に沈んでいった。

あまりのショックにラーサーは目眩を起こし、その場に倒れそうになった。

「・・・・なぜ・・・」

「降伏しても無駄と知れば、反乱軍はこの戦いに全てを懸ける。 ・・・それを正面からたたき潰す。ラバナスタの

目の前でな」

冷たくそう言い放つ兄に絶望し、ラーサーは力なく言葉を返した。

「・・・・それでは、人々が兄上を憎むだけです」

「許しても再び反乱軍を企む」

「僕はそう思いません!」

ラーサーの声が、再び力を取り戻した。

「手を取り合う未来を信じます。 あなたは・・・・ あなたは、間違っている!!!」

自分に比べればとうていなんの力も持たない、まだとても幼い弟を見つめるヴェインは、嘲笑するような口調で答え

た。

「・・・・ならば、私を正す力を身につけるのだな」

ラーサーは、グッと言葉につまった。

「聞け!」

そうしてヴェインは声を張り上げた。

「われらが築く歴史の第一歩である!各員その義務を果たし、反乱軍を攻撃せよ!アルケイディス万歳!」

ヴェインの言葉に乗組員が、まるで神に祈るような声で 「アルケイディス万歳!」 と唱和していた。

ラーサーは耐えられなくなって、コントロールルームを後にした。

 

バハムートからの砲撃を受け、一瞬で打ち砕かれる解放軍主力艦。

ガーランドで指揮をとるオンドールはその様子に目を背けながらも 次の部隊を出陣させていた。

「諸君!生きて返るぞ!」

ダルマスカ上空で両軍は激しく打ち合った。

解放軍の艦載艇が、第一波攻撃を終えて退避を開始していた。

「退避完了!」

「全門斉発、撃ち方はじめ!」

「射線、開きます!」

「第2斉射、急げ!」

オンドールが第二波攻撃を開始しようとした時、バハムートの主砲にエネルギーが充填され行くのが確認できた。

「いかん!」

オンドールが立ち上がった時は、もう、遅かった。

バハムートから主砲が放たれ、解放艦隊の空母があっという間に撃沈されてしまった。

「空母がラフ・バル、轟沈・・・・」

無念の意が伺える解放軍の声が通信機から聞こえた。

オンドールの目の前で、空母は無惨に墜ちていった。

その残骸と戦艦の間をすり抜けるようにシュトラールの姿が見えて来た。

「後方より未確認機!」

「あれは・・・・」

オンドールは思わず身を乗り出した。

「おじさま、私です!バハムートに乗り移ってヴェインを止めます!」

通信機からアーシェの声が聞こえて来た。

今まで緊迫していたオンドールの表情が一瞬緩んだが、すぐに厳しい口調になった。

「何をおっしゃる!無謀すぎます!殿下の役目は戦後にこそある!」

「このまま負けたら、戦後も何もないでしょう?突入の援護を!」

「いかん!」

オンドールは、胸が張り裂けそうになって、まだ少女だった頃のアーシェを思いだし、 泣きそうな声で叫んだ。

「後退なさい!シュトラールを止めろ!!」

「待ってくれ!・・・ま、待って下さい。ラーサー・ソリドールです」

そのとき、通信機からラーサーらしき声が聞こえて来た。

オンドールははっとして耳を傾けた。

「オレも一緒に行くから、安心して下さい!ちゃんとアーシェを守るから!」

「ラーサーだと?そうか、彼を人質に・・・」

オンドールは、おそらくラーサーを人質として連れているのだろう、と即座に判断したのだ。

「いいえ、おじさま、ヴェインと戦うそうです!」

オンドールのの誤解を取り消すようにアーシェが言った。

「オレたちに任せろ!」

ラーサーが言った。

しかし、シュトラールの中で、ラーサーと名乗って通信機で喋っていたのはヴァンだった。

変声機を使って、ラーサーに成り済ましていたのだった。

シュトラールの中で、アーシェはオンドールの決断を待った。

ヴァン成り済ますラーサーの声を聞いてから、しばらくして、オンドールは重苦しい口調で答えた。

「・・・わかりました。お二人にかけましょう」

アーシェはヴァンと顔を見合わせ、互いに喜びあった。

そんなヴァンを見て、パンネロは呆れた口調で言った。

「ラーサー様は、『オレ』なんて言わないよ」

「そうだっけ?」

とぼけた口調でヴァンが答え、一瞬、緊迫した船内が和やかな雰囲気になった。

「それじゃあ支援砲撃頼む。派手にぶっ放しといてくれ。こっちで間合いを読んで突っ込む!」

バルフレアの声を聞き、オンドールは解放軍達にシュトラール援護の指示を出した。

シュトラールは踊るように砲撃をかいくぐって、ついにバハムートの発着ポートへとすべりこんだ。

 

▲PageTop