あまい誘惑

空賊レダス

 

ハルム・オンドールはビュエルバの元首として、昨今のアルケイディス帝国とビュエルバとの友好関係の継続にも、

すでに限界が来ている事を感じていた。

その上に、グラミス皇帝の暗殺により、ヴェインが独裁官としてアルケイディスの権力を握った

今、 帝国軍はロザリアからの襲撃に立ち向かおうと言う士気を高めていることに危機感を高めていた。

オンドールは自ら首謀する解放軍を集めるために、病を理由にビュエルバの元首から退き、 随分と前から、その卓越した手腕で集めてきた資金を活用し、解放軍、すなわち帝国軍の言う反乱軍の軍事能力を高めて来た。

そして、ヴェインが独裁官に就任した頃、辺境空域に陣を張った解放軍は、日夜、戦闘訓練に明け暮れていた。

 

オンドールは最新鋭旗艦ガーランドのコントロールブースで演習を繰り返す解放軍の飛空挺を熱心に指揮していた。

「閣下、ナルドア支部より報告です」

通信機から聞こえて来た声に、オンドールは耳を傾けた。

「例の空賊が、帝国の勢力圏を抜けました。アーシェ殿下のご一行も共にバーフォンハイムへ」

例の空賊。

レダスこことだった。

オンドールはため息をつき

「殿下が無事で何よりだが、石の回収は失敗か・・・・」

そう言って、静かに目を閉じ、バーフォンハイムでの出来事を思いだしていた。

 

アルケイディア地方の南東に位置するバーフォンハイムは、法的には帝国の領土であったが、住民達は反帝国の声が

強い街だ。それを利用して、解放軍はナルドア支部の活動拠点にバーフォンハイムを選んでいた。かといって、住民

達が町をあげて解放軍に協力しているわけでもなく 「必要ならば応じる」という彼らの姿勢にオンドールも甘えて

いた。

 

リヴァイアサン撃沈後、その壊滅が「神授の破魔石」により引き起こされた事を知ったレダスは、未だに破魔石の力に頼ろうとしている帝国の勢力を抑えるために、解放軍の協力を得に オンドールの元を訪ねたことがあった。

そのときオンドールは、初めて「ナブディス」も「リヴァイアサン」も破魔石により破壊された事、 その脅威的な

威力について知ったのだった。

そう言った事があり、オンドールはこの日、自らレダス邸に足を向けたのだった。

「・・・しばらくは解放艦隊の演習を続ける。我々が、より大きな力を身につければ・・・・

ヴェインは交渉の席に着くかもしれん」

オンドールは、レダスに向かって言った。

「ヴェインは破魔石を握っている。リヴァイアサンを沈めるほどの切り札を手にしていながら・・・

交渉に応じるとは思えん」

吐き捨てるようにレダスが答えた。

「だからこそ、貴公の帝都潜入を支援するのだ。貴公の言う通り破魔石が協力な兵器なら・・・

ぜひ、奪取してもらいたい」

オンドールの言葉を聞き、レダスは持っていた酒ビンを乱暴に机の上に置いた。

「夜光の破片・・・・あんたに渡すとは約束していない」

「石がなければ、別の力に頼らねばならん」

苛立つレダスの気持ちを逆なでしないように、オンドールは彼の協力を得られなかった場合の、

解放軍としての第2手段を口にした。

「ロザリア軍と手を組むのか・・・」

レダスは、オンドールが帝国軍への対抗手段としてロザリア軍との共闘も視野に入れていると勘ぐっていた。

「・・・我々に失敗は許されないのだ」

オンドールは静かに答えた。 そもそもロザリア軍の目的は、解放軍を利用して帝国軍を弱体化させること。

それを承知でオンドールは、兵の頭数を揃えて帝国をけん制すべくロザリア軍を受け入れて来た。

石が手に入るのなら、ロザリアと組む。

そういったはっきりとしたオンドールの意思が、レダスをドラクロアに向かわせたのかもしれない。

それも失敗に終ったか・・・

オンドールは再びため息をつき、ならばロザリアと力を合わせねばならないかと、さらに演習に力を入れた。

 

アーシェ達は、ドラクロアを離れた後、レダス邸に招かれていた。

オンドールがレダスに破魔石を奪取させるべく、ドラクロアに潜入させた話を聞かされ アーシェはショックを隠せ

ない様子だった。

「おじさまは、やはり戦争を?」

アーシェは恐る恐るレダスに訪ねた。

「・・・・ヴェインの思うつぼだ。解放軍とロザリア軍が出て行けば、破魔石でまとめて叩かれる」

レダスはオンドールが戦争の意思があることを、そういった言葉でアーシェに伝えた。

「・・・・安心しろ。石はシドが持っている。つかまえて「覇王の剣」で石をぶっ壊せば、ヴェインの切り札は消え

てなくなる」

口を挟んできたのはバルフレアだった。

彼は少し焦っているのか、シドの件もあったからなのか、機嫌も悪く

「時間が惜しい。シドを追うぞ。アイツはギルヴェガンに向かっている」

と、仲間を急かした。

「ギルヴェガン・・・・」

アーシェが呟くように言った。

「ヴィエラの古謡にうたわれてるわ。

”遥けき時の彼方にて、猛るミストに守られて、まどろむ聖地ギルヴェガン、至りし道を誰ぞ知る”」

歌うようにフランも呟くと

「ヤクト・ディフォールだ。ゴルモア大森林のさらに奥。幻妖の森にミストの嵐が荒れ狂う一角がある」

レダスが言葉を付け足した。

「じゃあ、そこだ。行ってみよう!」

思った事をすぐに行動に移したがるヴァンが、早速、レダス邸を発とうとした。

「・・・あんたはいかないのか?破魔石にご執心だと思ったが?」

意地悪い口調でバルフレアが言った。

「シドの言葉、素直に信じられん。オレは別の線を追う」

「へぇ・・・、他に心当たりか」

レダスとシドの会話を聞き、2人の間に何か因縁のある事に気づいていたバルフレアは レダスが何か隠しているの

では、と疑念を抱いていた。

「・・・妙にお詳しいな」

「それはお前も同じだろうが」

レダスもまたバルフレアがやけに破魔石に固執する事を不審に思っていた。

だからこそ、この時は、自分が研究所で得た情報を彼に伝えなかったのだ。

「早くしろよ!置いてくぞ」

そこへ、待ちわびたヴァンが戻ってきてバルフレアを急かした。

「おう、坊主。幻妖の森について調べさせている。部下に聞いてみろ」

「わかった。ありがとな、レダス」

ヴァンはレダスの忠告に素直に答え、明るく部屋を去っていった。

レダスは心を和ませ、微笑みながら

「考えるより先に飛べ・・・・か。 弟子の方が空賊らしいな」

「誰が弟子だ」

レダスの言葉にムッとしたバルフレアは、フン、と鼻を鳴らして部屋を出て行ってしまった。

アーシェは、シドの事でバルフレアが心配で仕方なかったので、ずっとレダスとの会話を聞いていた。

しかし、彼が去ったので、自分も部屋を出ようとした。

「・・・・アーシェ王女。正直に答えてくれ」

不意にレダスに呼び止められ、アーシェは静かに振り返った。

「シドの言葉が正しければ、ギルヴェガンで新しい破魔石が手に入るかもしれん。

・・・あんた、いまだに石がほしいか?」

「力がほしいわ」

アーシェは即答し、

「・・・でも、恐ろしくもある。ダルマスカを守るには、何も恐れてはならないのに・・・」

と、語尾を濁した。

そんな彼女に向かって、レダスは訴えるように語った。

「・・・ナブディスを忘れるな。オレが言えるのは、それだけだ」

ナブディス、という言葉を聞き、アーシェはまた亡き夫ラスラを思った。

 

▲PageTop