あまい誘惑

大砂海を超えて

 

アルケイディア皇帝宮では、グラミス皇帝が、不気味な咳をしていた。

彼は死病を患っていて、自分がこの先、もう長くは生きられないことを予知していた。

そして、自分が死ぬにあたり、彼の王座を継ぐ者をどうするかについて頭を悩ませていたのだ。

もちろん、順番で言えば息子のヴェインを継がせるのが当然。 しかし彼の身辺では、不可解なことが多く起こる。

忘れもしないナブディス壊滅事件。

何故、ヴェインの周りでは、あのような、国ひとつがまるごと滅びてしまうような出来事がおこるのか。

それをきっかけにグラミスはジャッジマスター・ガブラスに、ヴェインの行動を監視するように密命を出していた。

ガブラスは、表向きではヴェインに忠実であったが、与えられた仕事なら汚い仕事も問わない、と言う姿勢の持ち主

だった。

グラミスは、そこを買っていた。

ラバナスタから戻ってきたガブラスは、グラミス皇帝の前で、これまでのヴェインの動きを報告していた。

ドクター・シド。

ドラクロア研究所を牛耳る研究家だ。 どうやらヴェインは彼に資金援助をしているようだ。

ただ、その事件に関わっていたジャッジ・ゼクトが行方不明になっている今、 真相をつかめないでいることを

ガブラスは伝えた。

「このグラミスも老いたな。息子を読み切れんとは」

グラミスはそう言って、再び不気味な咳をした。

「さて、予の後継は誰やら。有能すぎるヴェインを恐れて、元老院は幼い皇帝を望んでおる」

幼い皇帝。

12歳になったばかりのラーサーのこととだ。

グラミスは、ラーサーを心配していた。

ラーサーの心は、まだ幼く、汚れない。

ガブラスに、ラーサーの盾になってヴェインから守るように命じた。

「御意」

ガブラスは頭を下げた。

 

一方、シュトラールはレイスウォールの遺産を入手すべく、ヤクト地帯へと向かっていた。

かつて、バレンディアからオーダリアの両大陸にまたがる広大な領域を一代で平定し、

覇王と呼ばれたレイスウォール王。

彼が残した遺産は「夜光の破片」「黄昏の破片」「暁の断片」。

夜光の破片はナブラディア王家へ、黄昏の破片はダルマスカ王家へ、 そして暁の断片は、覇王の眠るレイスウォー

ル王墓に封じられた。

その存在は、王族にのみ伝えられ、証のない者が王墓に近づけば 生きて返れる保証はない。

 

オンドール公爵邸を脱出し、エンサ大砂海の入口に向かうシュトラールの中で暁の断片は、それほどの宝であると、

アーシェはバルフレアに説明した。

「自分を盗め」

彼に、思わずそう言ってしまったことのいいわけだったのかもしれない。

アーシェはその時の自分を思いだし、 抱いたこともないような感情が心の底からわき上がるのを感じていた。

しかしバルフレアは特に気にしている様子もなく

「怪物やら、罠やら、そんなのがウヨウヨあるってことだな」 と、おどけるようにして答えた。

 

砂海を含むエンサ地帯は飛空石が無効となる。

よって、シュトラールが侵入できるのはヤクト地帯の入口止まりで そこから先は徒歩でこの砂海を渡らなければな

らなかった。

アーシェは、既にこの砂海を徒歩で歩く覚悟をしていた。

 

オグル・エンサには広大な石油タンクローリーが敷かれている。

どこまでもどこまでも、果てしなく続く石油基地。

ロザリア帝国がアルケイディア帝国と覇権を争うために建てた物だ。

一行は、照りつけるような太陽の下、どこまで続くのかわからぬ油田施設の道を 黙々と歩き出した。

しばらく歩くと、バッシュが、前から歩いて来る、よく見慣れた人影に気づいた。

何故か、そこに、ビュエルバで別れたはずのウォースラが立っていた。

「なぜ、ここが」

思わずバッシュが言った。

ウォースラは不自然に笑って、ビュエルバで消息を絶ったアーシェがここに来ることを 予感したかのようなことを

言い訳にして、言葉を濁した。

このとき、バッシュは、うかつにも何も疑わなかった。

否、古き戦友であるウォースラを疑う理由など何もなかったのだ。

実際、アーシェにとっては心強い護衛が1人増えて喜ばしいことだった。

アーシェはウォースラに「暁の断片」をレイスウォールへ入手しにいくことを伝え

「ダルマスカ再興の手段は見つかったの?」

と、尋ねた。

「・・・・まずは暁の断片を手に入れます。すべてはそれからです」

考えてみれば、何が、すべてがそれからだったのだろう。

アーシェは後にウォースラが辿る運命を、このとき予測することすら出来なかった。

彼女の心は、まっすぐにレイスウォールに向けられていた。