あまい誘惑

プロローグ

前バレンディア暦704年。

アルケイディア帝国とロザリア帝国の抗争は激しさを増していた。

イヴァリースに存在した無数の小国も、次々に両国に併合されつつあり、ガルテア半島の由緒正

しき小国ダルマスカもまた戦火の影響を受けていた。

そんな中、王都ラバナスタでは700年以上も昔にガルテア連邦を築いた覇王の血族を王とするダ

ルマスカ王女アーシェと、同盟国ナブラディア王子ラスラとの結婚の儀が行われていた。

覇王の血を継ぐ兄弟国同士で結束を固め、アルケイディアとロザリアに対抗するべく政略結婚な

がらも、王女アーシェは夫ラスラと愛を育み合うことを心に誓っていた。

 

それから数日も経たぬうちに悲劇は訪れた。

アルケイディアの軍勢がナブラディア王国を滅ぼし

ダルマスカ国境のすぐ前まで迫ってきたのだ。

故郷の悲報を聞いたラスラは、妻アーシェとの幸せもつかの間、自ら出陣を志願し、ダルマスカ

の名将バッシュ・フォン・ローゼンバーグ将軍とともに国境の地ナルビナ城塞へ発ち、

命を落とす。

帰らぬ人となった夫と対面するアーシェ。

結婚から数日で未亡人となった彼女は悲しみに暮れた。

なす術もなくなったダルマスカ王ラミナスは、ナルビナ城塞の陥落から3ヶ月後、アルケイディ

アと和平協定を調印することにより降伏勧告を受け入れ、帝国占領下ナルビナ城塞に向かった。

だが、わずかに生き残ったダルマスカの騎士たちは、この和平協定調印式において、ラミナス国

王暗殺の情報を察知する。調印式の場となるナルビナ城塞に、バッシュ将軍を中心とする騎士団

の有志たちも潜入していた。