あまい誘惑

太陽石

はぐれトマトを討伐し、ラバナスタに戻ってきたヴァンは、新執政官ヴェイン・カルダス・ソリ

オドールの演説を聞く。

あたかも自分がダルマスカを侵略した悪者と唱えつつも、亡きラミナス国王に代わり、ダルマス

カの平和を願うなどと言葉巧みに訴える彼に、いつしか、彼を憎んでいたはずのダルマスカ市民

は拍手喝采していた。

彼のせいで兄レックスを亡くしたヴァンは激しい怒りを覚えた。

あんなヤツにダルマスカを奪われてたまるか!

ヴァンは彼に一泡吹かせてやろうと、宴の会場に潜入、宝物庫から宝を盗み出すことを思いついた。

なんとかして宴の会場、ダルマスカ王宮に侵入出来ぬものか?

ヴァンは、ダウンタウンの物知りな老人、ダランを訪ねた。

ダランは王宮への隠し通路を知っていた。

隠し通路に入るには仕掛けを解く石板をかざせばいいと言う。

ダランはその石板を持っていたが、すでに力を失っていた。

石板の力を取り戻すには太陽石が必要、と言うことだった。

ヴァンは太陽石を探しにギーザ草原に向かった。

ギーザ草原の集落に到着したヴァンはそこでパンネロと遭遇する。

どうやら彼女は何やら企てているヴァンを心配し、集落に先回りしていたようだ。

困惑するヴァンなどおかまいなしに、ヴァンに同行したがるパンネロ。

集落の人の話によれば、太陽石は黒水晶を利用して作るらしい。

その作り方を知っている少年ジンを探しにヴァンとパンネロは草原に向かった。

草原を進むと、モンスターに襲われ足をけがした少年がうずくまっていた

どうやら彼がジンのようだ。

ヴァンは事情を話し、ジンから隕石をもらう。

その隕石をギーザ草原に点在する黒水晶から太陽エネルギーを吸収すると、太陽石が作れるよう

だ。 ジンに言われた通りやってみると、隕石に太陽エネルギーがどんどん吸収されていった。

隕石にエネルギーがいっぱいになって、ジンのところに戻ってくると、ジンは足のけがもだいぶ

良くなって、一緒に集落に帰ることになった。

こうしてヴァンは太陽石を手に入れ、ダランに渡すために、ラバナスタに戻った。

ヴァンが持ってきた太陽石を確認すると、ダランは彼に「クレセントストーン」をもらった。

これを王宮の獅子の紋章に注げば、隠し通路に入れるらしい。

いよいよ王宮侵入だ。

ヴァンは、彼を心配していたパンネロのことをちょっと気にしながらも、王宮侵入実行することにした。