あまい誘惑

ラーサーの思惑

かつてオキューリアは、さまざまな者に破魔石を託し歴史をあやつってきた。

長い歴史のなかでは、ヒュム以外の種族、ン・モゥ族、ヴィエラ族の手に託された事もあった。

しかし、温厚であり力を望まないン・モゥも、ミストに過敏すぎるヴィエラも、その破魔石の力を制御する事は出来

なかった。

フランがそのことを知っていたかどうかはわからない。

彼女の言葉はいつも、まるでその古い過去を彼女が見てきているかのように、いつも、真実性があり、

そして謎めいていた。

バルフレアがそんなフランを信じていたからだろうか。

アーシェもフランの言葉をよく信じた。

そして彼女とバルフレアの案内で、広いオズモーネを抜け、ガリフの地ジャハラに到着した。

ガリフの最長老ウバル=カは、アーシェから渡された暁の断片を手にし、何やら少し驚いてアーシェを見つめた。

「・・・・そなた、この破魔石を使ったのだな?」

アーシェはウバル=カの問いかけに、肩をおとして力なく答えた。

「・・・・私ではないのです。私には扱い方がわからず、それで・・・・」

うつむくアーシェを見つめ、

「ほう、どう使うのか知らんのか」

そしてウバル=カも、残念そうに深いため息をついた。

「・・・ならば、ガリフと同じよの」

ウバル=カの言葉を聞いて、アーシェはビックリして顔を上げた。

「往古、ガリフは神々より破魔石をたまわった。しかしガリフには破魔石を扱えんでのう。

神々はガリフに失望して石を取り上げ・・・・ 今度は人間「ヒュム」の王に授けた。

・・・王は、破魔石の力で乱世を平らげ、覇王と呼ばれた。」

注意深く話を聞くアーシェを見つめながら、ウバル=カは続けた。

「奇態なことよのう。覇王レイスウォールの血を引くそなたが、破魔石を扱えぬとは」

「待って下さい!」

顔色を変えてアーシェが言った。

「では、あなたは破魔石の使い方を・・・・」

「まことにお恥ずかしい。せっかく覇王の末裔にお会いできたと言うに、何ひとつ教えられん。

・・・もっとも使い方がわかったとて、どうにもならぬよ」

アーシェの言葉にウバル=カは答えながら、破魔石を手に取った。

「石は、長年たくわえたミストを放ち、力を失っておる」

リヴァイアサンでの大爆発のときだ。

破魔石は、本来の使い方を施せば、一度使っても再び使う事が出来る。 実際、レイスウォールは破魔石の力を制御

し、何度も使った。リヴァイアサンにて人工の力で、無理矢理力を吸い取られた破魔石は 異質な力に抵抗し、暴走

し、すべてのミストを出し切ってしまったのだ。

「・・・再び使えるようになるのは、そなたの孫の代かのう」

ウバル=カの言葉に、アーシェはがっくりとうつむいた。

ヴァンが、その悲しそうなアーシェの横顔を心配そうに見つめていた。

「力の失せた、うつろな石・・・。飢えておるな。空しさを満たそうと、あらゆる力を求めておる。

人の力、魔の力・・・・ 良き力、悪しき力・・・」

ウバル=カは肩をおとすアーシェに向かって、諭すような口調で続けた。

「破魔石を求める者は、破魔石に求められる者でもある」

その時、パンネロが、何かを感じてふと後ろを振り返った。

そこに、嬉しそうにパンネロを見つめるラーサーが立っていた。

「・・・・ラーサー様」

パンネロも、嬉しさのあまり、立ち上がっていた。

その夜、アーシェはこの日に起こった出来事の全てについて1人、物思いにふけった。

いきなり現れたラーサーは、この後、アーシェたちとともにブルオミシェイスに向かいたい、と言った。

いずれにしても、彼はアーシェたちが現れなくてもブルオミシェイスに向かうつもりだった。 護衛を待ってから出

発する予定だったが、アーシェと会えた幸運を活かしたい、と彼は言うのだ。

彼は、これからおこるであろう大戦を防ぐためにも、アーシェの力を期待していた。

ラーサーは、 リヴァイアサンと言う戦艦を失い、包囲が弱まっているアルケイディア帝国に対し、 オンドール公

爵率いる解放軍が、帝国に反撃する行動を起こす可能性があり、それを大名義にロザリア帝国が解放軍に協力を求め

結束した2つの力が帝国に押し寄せてきて、大戦争になってしまうであろうことを恐れていた。

それを防ぐためにも、アーシェのラバナスタ王国国王即位を早め、オンドールを止める必要があると判断したのだ。

アーシェの王位を承認できるのは、神都ブルオミシェイスの大僧正アナスタシスだった。

アナスタシスが承認すれば、アーシェは正式にダルマスカの王位を継ぎ、ダルマスカの復活を宣言する事が出来る。

そして王女として、アルケイディア帝国との友好を訴えれば、オンドール公爵を阻止し、大戦を防ぐ事が出来る。

それがラーサーの精一杯の策だったのだ。

 

友好ですって?勝手な事を!!!

アーシェは調子のいい事を言うラーサーに対し怒りを覚えた。

帝国から攻めてきて、何もかも奪って、それを水に流せと、この少年は言うのか?!

しかし、ラーサーは、戦場になるのはダルマスカなのだ、と力強く答えた。

「・・・・ラバナスタを第2のナブディスにしたいんですか!兄は破魔石を持っているんです!」

アーシェは、繰り返し、ラーサーの、その言葉を思いだした。 ラーサーも、アーシェたち同様、破魔石を戦争に使

用するつもりでいる事を恐れていた。 アーシェには、ラーサーが自分と同じ事を恐れている事を理解できた。

最後にラーサーは言った。

「・・・・すみません。図々しい話です。血の流れない方法を、他に思いつかなくて・・・・

信用できないのであれば、僕を人質にしてください」

まっすぐな、汚れのないラーサーの綺麗な瞳を、アーシェは何度も思いだしていた。

そして、何かの気配を感じ、ふと顔を上げた。

闇の中に、夫ラスラの姿を見たような気がした。

「・・・・ラスラ」

アーシェは、思わず叫んで、駆け寄った。

しかし駆け寄った先には、ヴァンが立っていた。

ヴァンは、引き裂かれそうなほどの悲しい表情をするアーシェを心配そうに見つめていた。

「・・・・あの人が見えたのか。王墓の時のように」

「あの人」とはラスラの事だった。

ヴァンの言葉にアーシェはますます悲しそうな顔になって言葉を返した。

「やっぱりあなたにも・・・。でも、どうして」

「変だよな、オレ、アーシェの顔だって知らなかったくらいで・・・・・王子のことなんて、なんにもわからないの

にさ・・・・・・オレが見たのは兄さんだったのかもしれない」

いつもは陽気で子供っぽいヴァン。

でも、月明かりの下だったのかもしれないが 妙に大人っぽく、そして悲しそうな顔をしていて、

アーシェは少し戸惑ったが、すぐに言葉を返した。

「あなたのお兄様の事、バッシュから聞いたわ」

「降伏間際に志願したんだ。馬鹿だよ。負けるってわかってたのに」

「守ろうとしたのよ」

慰めるような口調でアーシェ。

「死んで何が守られたって言うんだ。お前は納得できたのかよ、王子が死んだ時」

いつもの、失礼な口調のヴァンに戻ったが、的を得た答えだったので、アーシェは黙り込んでしまった。

「帝国が憎いとか、仕返ししてやるとか・・・恨みばっかふくらんで・・・

・・・けど、その先は全然。 どうせなんにもできやしないって、気がついて、空しくなって、そのたびに兄さんを

思いだして・・・オレ、そういうの忘れたくて、とりあえず『空賊になりたい』とか景気のいい事いってたんだろ

うな」

ひとつひとつ言葉を選ぶようにしてヴァンは言葉を続けた。

「兄さんの死から・・・逃げたかったんだ。 アーシェについてここまで来たのも、きっと逃げたいからなんだ」

アーシェは、静かにヴァンを見つめた。 ヴァンの瞳が力強く、もう何の迷いもなくアーシェをとらえていた。

「でも、もうやめる。逃げるのはやめる。ちゃんと目標を見つけたいんだ。 オレの未来をどうするか、その答え。

アーシェと行けば、みつかると思う」

アーシェは、ヴァンが初めて聞くようなやさしい口調で答えた。

「みつかるかな・・・・?」

「みつかるよ」

ヴァンはそう言って、みんなのいる方へ去っていった。

 

アーシェはあまり眠れなかった。

いろいろなことを考えているうちに夜は白々と明けてしまった。

しかし、ひとつだけ、決意した事があった。

アーシェは、ラーサーに向かって昨日の答えを返した。

「共に行きます。ブルオミシェイスへ」

「そう言って頂けると信じていました」

「・・・まだ、心を決めたわけではないのです。向かう間に答えを見つけます」

未だ躊躇するアーシェの気持ちを汲み取り、ラーサーは大人びた表情で小さく頷くと 彼らしい、

少しからかったような口調に戻った。

「会ってほしい人がいます。ブルオミシェイスで落ち合うことになっているんです」

「だれです?」

アーシェが不思議そうな顔をした。

「敵ですが、味方ですよ。あとは会ってからのお楽しみです」

そう答えて、いたずらっ子のような表情でその場を去っていってしまった。

「ああいうとこ、あるんだよな」

2人のやり取りをずっと見守っていたヴァンが、ラーサーの12歳らしい、子供っぽい仕草に微笑みながらそう言っ

た。

彼はルース魔石鉱で、まんまとラーサーに騙されていた事を思いだしていたのだ。

「悪気はないのでしょうね」

アーシェの言葉に同感だと、頷いたヴァンは

「いいやつだよ、帝国なのにさ」

と答えた。

ラーサーとともにブルオミシェイスに行く事が決まった一行は、次なる目的地に向け出発の準備をしていた。

バッシュは、時々、バルフレアに向けられるアーシェの視線に気づいていた。

もう、だいぶ前、もしかしたら、出会った当初からそうだったのかもしれない、アーシェの、バルフレアへの思い入

れを、バッシュなりに、いろいろと解釈していたのであった。

バルフレアはあまり感情を外に出さない。だからバッシュには、バルフレアがアーシェに同行する、その真の目的に

ついて知る事が出来ないでいた。

バルフレアが1人になったのを見計らって、バッシュは彼に近づいていった。

「・・・神都ブルオミシェイスはヤクト・ラムーダの北部だ。ヤクトに入れば、飛空挺の追撃は避けられるか?」

「望み薄だな。リヴァイアサンはヤクトを飛び越えて、直接レイスウォールへ乗りつけた」

バッシュの問いにそう答えたバルフレアはため息まじりに言葉を続けた。

「ヤクトでも飛べる新型飛空石・・・・可能にしたのはどうせ破魔石だ。ったく、奴らが必死で狙うわけだよ」

「それではきみこそ何が狙いだ?同道してくれるのは心強いが」

静かな口調だが、少し緊迫したバッシュの声にバルフレアは敏感に反応した。

「・・・破魔石を奪う気じゃないかって?まぁ、仕事柄、疑われるのは慣れているが、今はそんな気は欠片もない。

なんなら剣にでも誓おうか?」

バルフレアらしい答えに、バッシュは少し安心してすぐに誤解を解くように言葉を返した。

「すまん」

そう言って、前を行くアーシェを見つめた。

「・・・殿下は君を頼っている。真意を知っておきたかった。 君が石にこだわっているように見えてな」

「物語の謎を追う・・・・主人公なら誰でもそうだろう?」

と、バルフレアらしい、おどけた口調で答えた。