あまい誘惑

ヘネ魔石鉱にて

 

ヘネ魔石鉱の入口まで行くにはチョコボが必要だった。

一行はジャハラの里で、チョコボを借りて、ヘネ魔石鉱へ向かった。

しかしチョコボは魔石鉱の入り口付近で何かを恐れて走らなくなってしまった。

仕方なくチョコボを下りて、徒歩で魔石鉱の入口に向かった。

そして・・・・

入口に無惨な死体となった、帝国兵が累々と倒れていた。

その死臭に顔をしかめながら、一行は、魔石鉱に入る覚悟を決める。

何が待ち受けているかもわからない、このアナグラの奥へ。

魔石鉱は深かった。

どこから湧き出てくるのか無数のスティールタイプのモンスターが群れをなして襲いかかって来る。

そのモンスターに襲われたのか、各所で帝国兵の遺体と遭遇した。

1人だけ、息のある帝国兵が彼らに助けを求めた。 彼は必死で彼らに何かを訴えようとしたが、やがて力つきて帰

らぬ人となった。

ラーサーは複雑な表情を隠しきれぬ様子だった。

なぜ、帝国兵たちはこんなにも無惨な姿で死んでいるのだろう。

スティールごときに、厳しい軍事訓練を受けてきた帝国兵がこうも無惨に殺されるものなのか?

大人びているとはいえ、まだわずか12歳の彼は不安と恐怖を隠しきれぬ様子だった。

それでも、ルースに引き続き、魔石鉱を調査したかったラーサーは、採掘現場の壁を触りながら喋りはじめた。

「ここの魔石、ルースの魔石鉱のとよく似ています。ドラクロアは新たな魔石鉱を探しているのでしょうね。

解放軍が動けば、ビュエルバ産の良質な魔石を輸入できなくなりますから」

ラーサーは、ルースの魔石を人造破魔石の研究に利用していたヴェインが、オンドールの裏切りによりルースを使用

できなくなることを考え、新たな採掘場を探していた事に勘付いていた。

多分、そんなヴェインがこのヘネ魔石鉱に目をつけたのであろう。

そうしてラーサーがさらに壁を調べながらさらに奥へ進むと、多くの帝国兵が倒れているのが視界に入ってきた。

フランがふと、敏感に何かに反応し、顔を上げた。 彼女は、普通ではないミストの流れを感じていたのだ。

「・・・あの子なの?でも、このミストは・・・・」

フランがそう言いかけた後、採掘場の奥の方に動く人影を見た。

ハッとして、彼女は思わず声を上げた。

「ミュリン!」

ミュリンと呼ばれたそのヴィエラは何かに取り憑かれたようなうつろな瞳のまま、ぶつぶつと独り言を呟いていた。

「・・・・ヒュムのにおい・・・・。力のにおい・・・・」

その姿にあっけにとられていたアーシェは、

「・・・どうしたの?」

と思わず尋ねた。

しかしフランが答える前に、ミュリンはきっとアーシェを睨みつけて指差すと、

「寄るな!力に飢えたヒュムが!」

と罵倒した。

アーシェはハッと息をのんだ。

ミュリンはそのままフラフラと奥へ去って行った。

フランは心配そうな顔で、その後をついて行った。 一行も続いた。

そして、その先に・・・

まるで彼らを待ち構えていたかのように邪神ティアマットが襲いかかってきた。

ティアマットはこの異常なミストの力によって、目醒めしモンスターだったのか。

一行がその息の根を止めると、異様に重かった魔石鉱の空気が少し軽くなった。

と、同時に取り憑かれたようにたださまよっているだけだったミュリンの手から、何かがこぼれ落ちた。

パンネロはハッと目を見張った。

人造破魔石だった。

ミュリンの手からこぼれ落ちた人造破魔石が、地面で砕け散ると、ミュリンの背後に謎の影が重なった。

それが何の影だったのか確かめる間もなく、吸い込まれるように消え去ると、ミュリンも放心状態になり、

床に倒れこんだ。

ミュリンが意識を取り戻したのは、フランの腕の中だった。

彼女はフランの顔を見て、ほっとしたように静かに微笑んだ。

フランも、自分が知っているいつものミュリンに戻ったので安堵のため息をついた。

やがてミュリンはぽつりぽつりと話しはじめた。

「・・・ある日、森に帝国兵が現れたんです。でも、みんな、無関心でした。

森が荒らされない限り、ヴィエラは何もかもを無視するんです。

でも、私は不安で・・・・・ 帝国の狙いを突き止めたくて・・・・」

「それでここまで調べに来たら、とっつかまったと・・・・」

バルフレアが言った。ミュリンは不覚そうに静かに頷いた。

「無鉄砲は姉譲りかねぇ」

そうしてからかうようにして、フランとミュリンを交互に見つめた。

「・・・・あの人たち、私に”石”を近づけたかったんです。

人体がミストを取り込むとか、ヴィエラが最適だとか言って、その”石”の光を見たら、私・・・・」

フランは自分にも覚えがあった。

リヴァイアサンだ。

あの時も、暁の断片に流し込まれた異質な物質により、そのミストの変化に耐えられなくなって我を失ってしまった

のだった。

「・・・・人造破魔石・・・・」

ラーサーの言葉に、フランは静かに、その通りなのだ、これは人造破魔石がおこした変化なのだと、頷いた。

「パンネロさん、僕が差し上げた石、まだ持ってますか?」

「はい、もちろん」

ラーサーの言葉にパンネロは大切そうに懐から人造破魔石を取り出した。

するとラーサーらしからぬ乱暴な手つきで、パンネロの手から人造破魔石をひったくった。

「僕の想像以上に危険なものでした。あなたに渡すべきではなかった。すみません、こんなものを」

頭を下げるラーサーを見て、パンネロは優しい口調で答えた。

「私にとってはお守りだったんです。リヴァイアサンでもみんなを守ってくれて・・・」

そう言って、ラーサーの頭を上げさせた。

「・・・・危険な力だろうと、支えにはなるのよ」

とても低く、冷たい声でアーシェが言った。

ヴァンは、ガリフの地で自分がアーシェに言った言葉の数々をアーシェが理解していたものだとばかり思っていた。

彼女が愛する人の死を復讐と取り違えない事、過去から逃げない事、

その全てのことを理解しているものだとばかり思っていた。

しかし、今、アーシェの気持ちは、出会った頃、リヴァイアサンに監禁されていた頃と変わってなかったのだと、

ヴァンは思い知ったのだった。

ミュリンを連れてエルトの里に戻ってきた一行をヨーテが出迎えた。

「森のささやきを聞いた」

ヨーテはそう言って、ミュリンを救出の感謝の意を示すように ヴァンに、光るしずくのようなものを手渡した。

「『レンテの涙』がお前を赦す。森を超えてどこへなりと行くがいい」

そんなヨーテの前にミュリンが必死の形相で進み出た。

「それだけなの?森を出て知ったわ。世界は動いているの。 なのにヴィエラは、何もしないと言うの?」

ミュリンの言葉に動じる事もなくヨーテは静かに答えた。

「ヒュムの世にかかわるのは・・・・ヴィエラの”サガ”ではない」

「嫌なのよ!イヴァリースが動こうとしてるのに、ヴィエラだけが森にこもっているなんて!

私だって森を出て自由に生きたいのよ!」

駄々をこねる子供のような口調のミュリンに、フランは、残酷な答えを言った。

フランには、彼女のために、そう言うしかなかった。

「・・・やめておきなさい。あなたはヒュムに関わらないで。 森に止まり、森とともに生きなさい。

それがヴィエラよ」

「でも、姉さんだって・・・!」

さらに駄々をこねるミュリンに向かってフランは冷たい口調をやめなかった。

「もう、ヴィエラではなくなったわ。

森も里も捨て、自由を手に入れたかわりに、 過去から切り離されてしまったの。

今の私には、森の声も聞こえない。 ミュリン、あなたもそうなりたい?」

「姉さん・・・・」

「いいえ。あなたの姉はもう1人だけ」

ミュリンは、フランが自分が自由になる事に賛成してくれると思っていた。

自由を求めた彼女だからこそ、理解してくれると思った。

しかし、彼女の言葉はミュリンにとっては絶望的な、残酷な言葉だった。

「・・・私のことは忘れなさい」

フランの、決定的な言葉に、ミュリンは耐えられなくなって駆け出して去って行ってしまった。

その後ろ姿を見届けたヨーテが、フランに歩み寄って来た。

「嫌な役をさせたな」

「あの子は掟に反発している。掟を支えて里を導く立場のあなたより・・・・」

そう言って、フランは懐かしそうにヨーテの顔を見つめた。

「掟を捨てた私が止めた方がいいわ」

ヨーテは深く頷いた。

「・・・・頼みを聞いて」

フランは、さらに懐かしそうにヨーテを見つめ、一行が聞いた事もないような 少し甘えた口調で続けた。

「私のかわりに声を聞いて・・・・。森は私を憎んでる?」

ヨーテは、静かに目をつむった。

彼女の足下から、心地よい風が巻き上がり、一瞬、あたりが静まり返った。

ヨーテは、しばらく目を閉じていたが、やがて、目の前にいるフランを愛おしむような眼差しで見つめて言った。

「・・・・去って行ったおまえを、ただ懐かしんでいるだけだ」

「・・・ウソでも嬉しいわ」

フランはそう答えて、ヨーテに背を向け去ろうとした。

「気をつけろ。森は、お前を奪った『ヒュム』を憎んでいる」

フランはふと振り返った。

ヨーテの顔を見て、フランは泣き出したい気持ちを必死で抑えた。

「・・・・今の私は『ヒュム』と同じよ、そうでしょう?」

そうして、もう二度と見る事もないであろう、ヨーテの顔を今一度懐かしく眺めた。

「さよなら、姉さん」

それが、フランとヨーテの、永遠の訣別の言葉となった。